ジャムセッション初心者のための記事一覧

2017年03月27日

3月26日 ライフベンドFES ありがとうございました!!

盛り上がりましたね!!   こんにちは、ギター科講師の副島です。   3月26日に開催したライフベンドFES、当スクールの1周年を記念して生徒さん・セッション参加者の皆さんにお集まりいただき大いに盛り上がりました。   素晴らしい食事と音響で支えてくれたSHOCK-ONさん、この日のためにたくさん練習を重ねてきた出演者の皆さん、お越しいただいたお客様、本当にありがとうございました。   この場をかりて厚く御礼申し上げます!また来年もよろしくお願いします♪   それではさっそくレポートいってみましょう!     ▍写真で振り返ります       ソロチームとバンドチーム、それぞれドラマあり・・・熱いステージをありがとうございました。   普段のレッスンやセッションでは「うまく弾こう」「ちゃんと弾けるかな・・・」という感じでこじんまりとプレイしてしまいがちだった人も、ライブとなると思いっきりプレイをしてくれていて、こちらから見ていてとても感動的でした。     ▍動画で振り返ります     ○Adam’s Family     ○メロン兄さん     ○Under The Mountain     ○哀しみの変人達     ○Take5       ▍本当に素晴らしかったです       いかがでしたでしょうか?   どの出演者・バンドも素晴らしいライブをしてくれたと思います。   レッスンやセッションに来たばかりの頃は、演奏はもちろんキューなどのコミュニケーションもままならなかった人がほとんどでしたが、昨日のライブではその成長ぶりに圧倒されてしまいました。   ライブというのはやはりセッションとは違う雰囲気を持っていますね。もちろんセッションも本番さながらの集中力でやらないとだめなのですが、それにしてもライブマジックというのは存在すると思います。…

band
2017年03月29日

セッションがバンドを激変させる!バンドのためのジャムセッション講座!

あなたのバンドは今のままで大丈夫ですか?     こんにちは、ギター科講師の副島です。   今回はこの春から新しく開始するバンドのためのジャムセッション講座についてご紹介していきます。   僕にもバンドマン時代がありました。今思うと良い思い出なのですが、当時はいろいろと悩みが絶えなかったのを覚えています。   そんな悩みを振り返りながら、新しいバンド講座についてお話ししていきます。     ▍1.バンドのためのジャムセッション講座       時間:2時間   料金:¥10,000(税込)+スタジオ代   場所:BASS ON TOP池袋西口店、STUDIO WING赤羽店、いつもご利用のスタジオ *いつもご利用のスタジオの場合のみ、別途で交通費を頂戴いたします。     ○レッスンまでの流れ       1.上記サイトで日程・時間を選び、レッスンを申し込む   お電話でもOK! 050-3551-3491   何かご不明な点あればこちらからお問い合わせください。   2.スタジオを予約する   3.レッスンへ     ○お支払方法     当日現金にてお支払いただきます。クレジットカードや電子マネーはご利用できませんのでご注意ください。     ▍2.この講座の狙い         セッションの概念をバンドに取り入れる事により、様々な課題を克服する!…

2017-03-19_16-22-00_008
2017年03月20日

3/26ライフベンドFESのリハーサルを行いました!

いよいよ一週間後!       こんにちは、ライフベンドミュージックスクールです。   3連休中日の19日に、池袋BASS ON TOPさんにて一週間後に迫ったライフベンドFESのリハーサルを行いました!   こちらでバンドをオーガナイズしたので、今回初顔合わせとなる5バンド総勢20名以上が入れ替わり立ち替わりリハーサルを行っていきました。     ▍1.イベント詳細   ​   2017/3/26(日) 川口SHOCK-ON ライフベンドFES 〜平成28年度総決算LIVE〜 開場18:30 開演19:00 料金¥2,000 ライフベンドミュージックスクール1周年を記念したライブイベント! 5バンド総勢20名がセッションライブを披露!     ▍2.リハーサルの様子         ○セッションライブを知って欲しい!     今回のコンセプトでもある”セッションライブ”。   いわゆる普通のライブとの違いは、セッション・アドリブの要素が入ってるかどうかです。   普通のライブではIntroやOutroは尺を決めることがほとんどですが、セッションライブではこういったセクションはどんどんXtimeにしていきます。   誰がどこでソロをとるか?どんなテンポでやるか?様々な要素をステージの上でメンバーが決定していく、そんなスリルと楽しさがセッションライブにはあるのです!   「じゃああとは本番で」これほど怖いものはありませんが(笑)、セッションに慣れてきた皆さんならできるはず!     ▍3.出演バンド       Adam’s Family   メロン兄さん  …

チキンって難しいけどなぜか定番ですよね (1)
2016年09月08日

ジャムセッション初心者が定番曲「The Chicken」を練習するべきでない理由

チキンって難しいけどなぜか定番ですよね。 今回は、これからジャムセッションにチャレンジしようと思っているセッション初心者、特にギターやベース、キーボードなど音程のある楽器を演奏されている方を対象に、定番曲「The Chicken」について書いていきます。     ▍セッション定番曲 The Chicken   ジャムセッションに行きたい!と思った時にまずやることは曲の練習です。意外に思うかもしれませんが、大半のジャムセッションは既存曲をモチーフにして、そこから発展させていくためベースとなる曲の予習は必須となります。   そこでインターネットで調べてみると「まずはチキンを練習しよう」という内容のものがたくさん出てきます。そして皆「チキンを練習しないと!」と思うわけです。今回はそこに一石を投じたいと思います。   「The Chicken」はAlfred Ellisというサックス奏者が作曲し、それを伝説のベーシスト、ジャコ・パストリアス(Jaco Pastorius)がカバーし世に広めました。世界の超一流アーティストもカバーするわけですから、我々のジャムセッションでも当然定番曲として扱われています。   当スクール主催の超初心者FUNK JAM SESSIONでも課題曲として登場しました。   ▍The Chickenの難易度   定番曲として扱われるThe Chickenですが、その難易度はかなり高いです。譜面を見てもお分かりのように、コードは全て7thコードで、それらが複雑に展開していきます。   E♭7⇨D7⇨G7⇨C7なんてしびれます。ものすごく速いテンポでも変拍子でもありませんが、複雑なコード進行により難易度はかなり上がっています。   事実、セッションを始めたばかりでこの曲を弾きこなせている方は残念ながらほぼいませんし、弾きこなすどころか付いていくので精一杯という状態です。私も最初はそうでしたし、先日この曲を課題曲に設定した当スクール主催の超初心者FUNK JAM SESSIONでも同じ状況でした。   ▍そうはいってもセッションに行きたいし、どうすればいいの?2つのおすすめプラン   チキンが難しいと分かっても、セッションには行きたいですよね。方法は2つあります。   1.もっと簡単な曲で準備して、セッションに参加。慣れてきてから改めてチキンに挑戦する。     私はセッション曲として最初にチキンを練習するべきではないと思っています。その理由は、コードやソロを上手く弾くことに一杯一杯になり、セッション自体に集中できないからです。   では最初はどの曲を練習すればいいの?気になりますよね・・・。実はチキンの他に、もっとシンプルでかつセッションでの演奏頻度が高い曲も存在します。   こちらのページにセッション定番曲の譜面・参考動画を演奏頻度順にまとめていますので、ぜひ参考にしてみてください。   ⇒初心者のためのジャムセッション定番曲リスト   2.チキンに真っ向勝負を挑む!     それでもチキンを弾けるようになりたい!練習せずにはいられない!という方は、次のポイントを注視して練習してみましょう。   ・メロディをしっかり覚える…

2017年03月05日

3月5日 超初心者FUNK JAM SESSION 満員御礼!

2/15に開催した超初心者FUNK JAM SESSION@池袋SOMETHIN’ Jazz Club   今回は年度末のお忙しい時期にもかかわらず21名の方にお越しいただき、満員御礼となりました!   ご来場ありがとうございました!   早速レポート行ってみましょう!     ▍1.セッションの様子     1-1.写真     今回はボーカル椎名かづきさん、ドラマー与野裕史さんをお迎えしました!   満員御礼!大勢の人の前で演奏するのは気持ちがいいですね♪   初めての方と常連の方、半分の割合でお送りしました!   今回は写真がたくさんあります!     1-2.セッション参加者     ギター:6名   ボーカル:2名   サックス:2名   トランペット:1名   キーボード:1名   ベース:6名   ドラム:3名   計21名     1-3.今回の課題曲     歌もの:TOTO – Georgy Porgy…