【初心者必見】ジャムセッションのやり方

image1
2016年11月11日

ボーカルがジャムセッションに行く時に知っておいたほうが良いセッションのやり方

ボーカルってジャムセッションで何をすればいいの?     こんにちは、ライフベンドミュージックスクール、ボーカル科講師の庄田真季子と、ギター科講師の副島俊樹です。   今回はジャムセッションでボーカルが守るべきルールということについて、2人の対談を交えお伝えしていきます。   当スクール運営の超初心者FUNK JAM SESSIONにも、何をやればいいのかわからない!と言って訪れるボーカルの方はたくさんいます。   そんな方には必見の記事になっていますので是非チェックしてみてください♪   ☆こんな記事もあります! セッション初心者のための「ジャムセッション準備コース」開講! 音痴は遺伝する?なぜ音痴なのか、原因と改善方法     ☑ルール一覧       1.やりたい曲をはっきりさせる 2.譜面は持参した方がいいのか 3.どういう演奏にしたいかバンドに伝える 4.ソロの順番はボーカルが決める 5.歌詞ばかり見ずに前を向いて歌う 6.最後に     ⇒申し込みページ     ▍1.やりたい曲をはっきりさせる       副島「ジャムセッションに行きたいけど行きづらい・・・ってボーカルの人多いと思うんだよね。」   庄田「そうだねー。慣れていないとわからないことが多いし、足をのばしづらいと思う。」   副島「ボーカルって一番トライしやすくて一番人口が一番多いのに、ジャムセッションをやってみたら参加者一番少なかったりするよね。」   庄田「確かに!セッションってソロやアドリブをやるけど、そこに対しての苦手意識を持っているから来てない生徒さんもいるんだよね」   副島「そもそも、ボーカルの人でセッションに来てる人ってソロやアドリブを取るために来てるんじゃないと思うんだよね。」   庄田「楽器の人と同じようにソロをやるんじゃなくて、ボーカルはもうちょっと違う目線で、例えばカラオケよりも生バンドで歌うことで上達するみたいに思ってる人が来てる気がする」   副島「あーたしかにー。まあ、前置きが長くなったけど今回の本題ジャムセッションでボーカルが守るべきルールについて話していきましょう。セッションにまだ行ったことない人も空気感が伝わるようにリアルにいこう!笑」   庄田「リアルにね!笑 まず、何の曲を歌うのか、自分のレパートリーを伝えることが大事だと思うなぁ。」   副島「超大事だわ。セッションあるあるとして、ボーカルの人に何歌いますか?って聞いたら、なんでもいいです~って言われて、じゃあ”Isn’t She…

2016年09月16日

ジャムセッション初心者が知っておいたほうが良いセッションのやり方 ベース編

ジャムセッションが怖くて怖くて仕方がない! そんな時期が僕にもありました、ベース科講師の恩田です。     今回はそんなジャムセッションにおいてベーシストが守るべきルールについて、それからその上で楽しむ方法について、僕の思うところをお話ししたいと思います。   ⇒今すぐ体験レッスンへ   ▍1.パターンを守る 1度出たリズムパターンを限界まで守ることです。 パターンを守り続けることでビート感が生まれますし、ベースだけである程度ビート感が出ていればドラマーへの負荷もそれだけ小さくなり、ソリストも安心してソロに集中できます。 目まぐるしく変化するセッションに対する憧れもあるかもしれませんが、変化したことに気付いてもらうためには変化しないということも同じくらい大事なことだと考えています。 “パターンを守る”と聞くと守っていてばかりでつまらない印象ですが、これは同時に攻めにも繋がるのです。 そんなパターンを守りながらも攻める、楽しむ方法を次にまとめてみます。   1-1.予めいくつかパターンを用意する   当然といえば当然なのですが、一曲通してずっと同じトーン、同じラインを弾いていれば良いという曲はそうありません。 そこで例えば、落とすときのパターン、通常のパターン、盛り上がった時のパターン、の3パターンを用意しておきます。 変化させるべき時が来るまではこのパターンをひたすら守ります。 すると変化させた時にしっかりと違いが出るので共演者にも伝わりやすく、結果的に良い方向にアンサンブルを導くことに繋がります。   1-2.ベースイントロを提案する   ベースパターンが上手く思いつかない場合や手札の数に自信がない場合、手札のベースラインでベースイントロを提案するのも1つの手です。 イントロですからその分緊張感もありますが、自信を持って自分の思うベースラインを提案できます。 また、イントロからアンサンブルに積極的に参加することで、例えメロもコードも弾いていなくてもその後のサウンドを引っ張っていきやすくなるという利点もあります。 当然、このイントロで使用したパターンも限界まで守りましょう。   1-3. ドラマーのパターンに積極的に合わせていく   これはちょっと上級者向けです。 ドラマーが原曲を知っていて同じように叩いてくれれば良いのですが、そんなケースばかりではなく、原曲を知らなかったり、意図的にドラムパターンを変えて来る場合も多くあります。   用意してきたパターンがドラムパターンと上手く噛み合わない、かつドラマーも合わせに来ない!   そんなときにはその場でパターンを作っていかなければなりません。 このとき注目するのが、バスドラムです。 バスドラムと同じところに音を入れていくと自然とベースラインぽくなるものです。   ▍2.フィルインは気持ち少なめにする バンドでは複数の人間がそれぞれの立場(パート)で考えながら演奏をします。 それ故、音と音でぶつかってしまうこともしばしば…。 そんな状況でベースがフィルインを入れまくってしまったらどうでしょう? アンサンブルは差し詰め音の洪水、せっかくのメロディラインも他のパートのフィルインも、もちろん自分のフレーズさえも埋もれてしまいます。 それでは何も誰にも伝わりません。 なので、フィルインは気持ち少なめでタイミングを見計らって弾くようにしましょう。 とはいえ、フィルインは裏方のベーシストにとっては貴重な、言わばアピールチャンスです。 少ないフィルインでどう楽しむか、その方法も下にまとめました。   2-1. 大型フィルインを用意してみる   フィルインは通常2拍程度に短くまとめますが、8拍の大型のフィルインを用意します。…

2016年07月16日

【池袋のドラム教室】初心者必見!ジャムセッションのやり方ドラム編

こんにちは。ライフベンドミュージックスクール、ドラム・カホン科講師岡田真帆です。     みなさんジャムセッションというと、どんなイメージをお持ちですか? 敷居が高そう、怖そう、知らない曲がきたらどうしよう そもそも初めて会う人とその場で、練習もせず音楽をプレイすることなんてできるの? ドラムソロなんて叩けないよ! そんな意見をお持ちのセッション初心者の皆さん、安心してください     誰でも参加できますよ!   いくつかのジャムセッションのルールさえ押さえてしまえば、 ドラムという楽器は一番ジャムセッションに参加しやすい楽器なのです。   ジャムセッションではスタンダードナンバーと言われる特定の曲を演奏します。 スタンダートとはいえとても曲数が多く、セッションハウスによっても演奏する曲が違うし、 特にドラムという楽器は曲の決定権があまりありません(たいていの場合、ボーカルやギター、ホーンセクションの人たちが決めてしまうのです。。。)。 しかし裏を返せば、曲を知らなくても対応しやすい楽器、それがドラムなのです! 他の楽器には、曲ごとにコードやメロディが存在しているため、それらを知らないと参加しにくいでしょう、 しかしドラムにはコードもなければメロディもありません。ドラムが叩くビートは他の曲でも使いまわせることが圧倒的に多いのです。   この2曲をご覧ください。     2曲とも、ビートにそれほど大きな違いないことに気が付くかと思います。 今までバンド活動をしていた方は、「この曲にはこのビート!」というルールを勝手に自分で作っていただけで、テンポやフィールを変えればそのビートは他の曲にも使えるはずですし、またセッションはそういう違いを楽しむ場所でもあります! なので仮にセッションで知らない曲にあたったとしても、自分の得意なビートに自信を持って叩くだけで良いのです! たとえドラムソロが回ってきても、難しいことをするよりもそのビートを叩き続けてみてください。 そこから何かミラクルが起きることだってあるのです。 百聞は一見に如かず、是非一度当スクールの初心者向けセッション「超初級FUNK JAM」に参加してみてください。     ↓詳細はコチラ↓   これだけは覚えよう!ファンクジャムセッション初心者のための定番曲リスト 東京のジャムセッションってどんな感じ?実際に行ってみた ジャムセッションでやってはいけないNG行動5つ 初心者必見!ジャムセッションのやり方【ギター】 初心者必見!ジャムセッションのやり方【ベース】 初心者必見!ジャムセッションのやり方【ボーカル】 初心者必見!ジャムセッションのやり方【キーボード】 初心者必見!ジャムセッションのやり方【サックス】 初心者必見!ジャムセッションのやり方【ドラム】   レッスン予約はこちらから イベント予約はこちらから ライフベンドミュージックスクール ギター・ウクレレ・DTM科:川口教室 〒332-0028 埼玉県川口市宮町4-27 NCKビル 505号室 ベース・ヴォーカル・ドラム・カホン・サックス・ジャズポピュラーピアノ科:赤羽教室…