ジャムブログ

Snapshot_94
2019年05月15日

ジャムセッションが始まる前に初心者が打ち合わせで話し合うべき3つ事

  皆さんこんにちは!ギター科講師のソエジマトシキです。   セッションに行くと、見知らぬ人といきなり演奏を始めないといけません。これって、なかなかの恐怖ですよね!(笑)   ただでさえ慣れないセッションなのに…いきなり知らない人と演奏しろだなんてムリ!!   でも大丈夫、安心してください。ジャムセッションが始まる前には、ちゃんとどういう風に演奏するか話し合う時間があります!   今回の記事では、その打ち合わせの時間で何を決めておくべきかという事について、3つのポイントで解説していきます。それではいってみましょう。     ❚目次     曲調を決める 始まり方と終わり方を決める ソロの順番を決める おわりに     ❚曲調を決める     ◎どんな風にプレイしたいか     例えば定番曲Feel Likeを演奏する場合、しっとりとしたテンポでやるのか、アップテンポでリズミカルにやるのかという選択肢があります。あなたはどう演奏したいですか?     ◎特に希望がなければ『原曲っぽく』     一番良くないのは何も発言せずひたすらアンプのツマミをいじったり、自分だけの世界に閉じこもってしまう事です。その後の音楽でも、まったく同じようになってしまいます。   曲調に対して特にこだわりがない場合は『原曲っぽい感じで』と言いましょう!     ❚始まり方と終わり方を決める     ◎誰からイントロを始めるか     一口に曲を始めるといっても、様々なパターンがありますよね。ドラムカウントから一斉に入る場合、ギターのカッティングから入る場合、ベースラインから入る場合、キーボードとボーカルのルバートから入る場合…。   ダラっと始めるのではなく、バシっと緊張感を持って音楽を始めた方が、聞いている方も入っていきやすいです。自分のアイディアを伝えてみましょう!   ◎終わりよければすべて良し     始め方以上に大切なのが終わり方です。曲中でどんなにグダグダになってしまっても、終わりさえバシっと決まれば不思議と手ごたえを感じるものです。   反対にどんなにソロが上手くても、一人だけ最後はみ出てしまったり、バンドが最後で崩壊してしまっては良い音楽になったとは言えません…。終わり方は必ず話し合いましょう。…

Snapshot_58
2019年05月06日

Chickenで使えるコンビネーションオブディミニッシュのギターフレーズ

    皆さんこんにちは!ライフベンドミュージックスクール、ギター講師のソエジマトシキです。   皆さんはセッションの練習をする中で、アウトフレージングに興味を持ったことはありますか?   スリリングに繰り出されるアウトフレーズ、一度は憧れた人も多いはず!   今回の記事では定番曲チキンで使えるコンディミフレーズ をご紹介します!     ❚ Chickenで使えるコンディミフレーズ       Chickenのはじめ、B♭7の4小節目からスタートです。B♭7に緊張感を与え、E♭7への解決感を強調しているんですね。     ◎コンディミは7thコードに使える     7thコードの中でも5度下のコードへ解決していくⅤ7th(ドミナント・セブンス)で威力を発揮します。   コンディミを弾けば通常の7thコードに対して♭9tn,#9th,#11th,13thの4つのテンションを鳴らす事が出来ます。   これら4つのテンションが不安定な響きを生み、行先のコードに解決した瞬間を際立ててくれるんですね!     ◎コンディミのスケール表       コンビネーション・オブ・ディミニッシュというくらいなので、2つのディミニッシュスケールから成り立っています。よくよく見てみると、B♭dimと半音上のBdimが重なり合うようになっていることが分かると思います。   ただ、そう言われてもなんだか覚えづらいですよね…。 そんな時はまず、フレーズから覚えてしまいましょう!いきなりスケール全体を覚えるより、近道かもしれませんよ♪     ❚おわりに     今回はChickenで使えるコンディミ・フレーズについてお届けしました。是非コンディミの世界観を味わってみてくださいね!   ============= 作者:ソエジマトシキ 【ベンチャー音楽家】 【セッションでみんなの音楽ライフを面白くする情報を発信します!】ライフベンドミュージックスクール代表。#本気の仲間と楽しく上達する社会人サークル『ジャム研』部長。1月1日生/佐賀出身/27歳 ⇒副島俊樹@toshiki_soejimaをフォローする =============   ⇒LINE@に無料登録する    …

Snapshot_72
2019年04月25日

ジャムセッションに初めて行く時に意識するべき3つのポイント

    皆さんこんにちは!ライフベンドミュージックスクール、ギター講師のソエジマトシキです。   このブログをご覧の方の多くは「いつかはセッションに行ってギターを弾く」という目標をお持ちかと思います。   日頃の練習はの機会を披露する場所としてセッションは打ってつけですが、最初どのセッションから行けばいいのか全く分からいとお感じの方も多いですよね…。   今回の記事では初心者が初めてセッションに行く時、意識するべき3つのポイントをご紹介します!     ❚目次     1.初心者歓迎は信じるな 2.知り合いのセッションがベスト 3.ミュージシャンズセッションと社会人セッションは別物 4.おわりに     ❚1.初心者歓迎は信じるな     いきなり衝撃的な内容ですが、事実です。     ◎初心者歓迎は社交辞令のようなもの     セッションはプロからアマチュアまで、色んな人が開催しています。多くのホストは、自分と同じ音楽レベルの人と自由にセッションすることを目的にセッションを開催しています。   にもかかわらず、HPに情報を載せる際、ついつい書いちゃうんです。上級者から初心者まで大歓迎!と…。     ◎初心者に特化したセッションを選ぼう     初心者の方にフォーカスして、セッションデビューの成功体験を与える運営はかなり難しいです。全てのホストがそのノウハウを持っている訳ではありません。   初心者セッション、ビギナーセッション、はじめてセッション、こういったネーミングのセッションを選ぶと良いかもしれません♪     ❚2.知り合いのセッションがベスト     シンプルに知り合いがいた方が気が楽になるからです。     ◎知り合いのセッションに見学参加から     セッションへの恐怖心は知らないものへの恐怖と言っていいでしょう。まずは見学で、セッションがどんな場所でどんな人がいるか体験してみるだけでも、その後の行きやすさが全然変わってくると思います。      …

ブログサムネ2 (4)
2019年04月23日

Tom Mischのカッコ良さが分かる動画まとめ

  皆さんこんにちは!Tom Mischが大好き!今度ライブも行きます!ギター科講師のソエジマです。   皆さんはTom Mischというギタリストをご存知でしょうか?巷で話題で、名前だけは聞いたことあるという方も多いのではないでしょうか。   John MayerのHip Hop版ともいいますが、最先端のR&Bに触れたければ間違いなく聞くべきアーティストです!   最近では来日も増えてきました。そんなTom Mischの魅力が分かる動画をまとめたので是非ご覧ください!     ❚目次     Tom Mischのココが良い Tom Mischのカッコ良さが分かる動画 Tom Mischから何を学ぶ? おわりに     ❚ Tom Mischのココが良い     ◎曲が良い   とにかくTom Mischの良さはここに尽きます。どの曲を聞いても、モダンなハーモニーとリフがカッコ良いです。4小節、8小節単位のループモノが多いんですが、同じコード進行上で展開されるとは思えないほど多彩な響きです。   ◎あくまで曲を彩るギター   Tom Mischのギターがたくさん聞きたい!と思っても、実はあまり聞けません。あくまで曲のテーマ部分だったり、リフだったり、曲に必要な事を弾いているといった印象。ただ、たまに見せるアドリブソロがめちゃくちゃ上手いです。   ◎それでもギターを聞けば一瞬でTom Mischだと分かる   あまりギターを弾きまくるタイプではないのですが、聞けば一瞬で分かるのがスゴイところ。フレージングやビブラート、タイム感に音色、そしてその後ろのハーモニー。独自の世界が完成されているからこそですね!     ❚ Tom Mischのカッコ良さが分かる動画     Tom Mischといえばこの曲。…

ブログサムネ2 (3)
2019年04月06日

Neo-Soulをマスターしたい人が絶対に聞くべきギタリスト10選

  皆さんこんにちは!今風Neo-Soulなギタープレイが大好き!ギター科講師の副島です。   皆さん、最近SNSや楽器屋さん、はたまた友達がなんだかオシャレなフレーズ弾いてませんか?   コードから発展する難しそうなアルペジオだったり、複音フレーズだったり、全然耳コピできないコード進行だったり…。   『今っぽいNeo-Soulな世界観のギタープレイに憧れるけど、何を参考にしたいいか分からない!』   そんな皆さんに朗報です!!   今回の記事ではNeo-Soulプレイにおいて僕が参考にしている10人のギタリストをご紹介します。     ❚目次     超必須ギタリスト3名 知ってると通なギタリスト5名 アジア圏のギタリスト2名 おわりに     ❚超必須ギタリスト3名     【Neo-Soulをマスターしたい人が絶対に聞くべきギタリスト10選👇】 ◆超必須 ・Isaiah Sharkey・Tom Misch・Mateus Asato ◆知ってる人は知っている ・Nicholas Veinoglou・Kevin Byrd・Alec Lehrman・Melanie Faye・Kaspar Jalily ◆アジア勢 ・有賀教平・김상우#みんな上手すぎ — ソエジマトシキ/ジャム研 (@toshiki_soejima) December 24, 2018     Isaiah Sharkey ご存知最高峰のNeo-Soulギタリスト!後述するほぼ全てのギタリストが彼の影響を受けていると思います。私ソエジマも影響を受けていて、YouTubeにフレーズの解説動画をアップしています♪     Tom…