ジャムブログ

コミュニティ (90)
2019年06月30日

岡聡志「エモーショナルになる事によっての演奏の変化について」|MGL会報6月号

  ギターソロが無機質なものになってしまう、いくらテクニックを身に付けても音楽的な事が出来ない…そんなギタリストへ送る岡聡志のスペシャル・レッスン!   岡聡志のレッスンが受けられる『岡聡志MGL』のレッスンの一部を抜粋してお届けします。     ❚バッキングトラック上でも感情を込めよう     岡聡志:僕は普段ピッキングがかなり弱めなのですが、エモーショナルになってくるとピッキングもそれに合わせて強くなってきます。   そして普段の練習でもエモーショナルになる事がすごく大切であると考えています。例えばバッキングトラックなどで練習するときもエモくなること。これが実はめちゃくちゃ大事なのです。     ❚演奏で感情を伝えるという事     岡聡志:僕はアドリブ演奏において随分長い間、特にアツい気持ちになる事もなく機械的にフレーズをパラパラと弾いてその状態に満足してしまっていました。   ですが、そういう機械的な演奏ばかりやっていてもリスナーには何も伝わらない事にある日気がつきました。無感情に弾いていては聴き手の心に響くような演奏、音楽は届けられない。   それからは練習する時にも感情的に弾くように心がけています。別に、”ウワァァァァァァァァア!”みたいな感じにならなくても良いとは思うのですが、様々な気持ちを込めて普段の練習やバッキングトラック上のアドリブでもこみ上げるような気持ちで演奏してみると、無感情に演奏する時と比べて様々な違いが体感出来るのではないかと思います。     ❚何のためにテクニックを磨くのか     岡聡志:でも実際は「なかなかそんな簡単に演奏をそこまで持っていけないぜ」という場合も多いですよね。ではそのときに何が必要になってくるのか・・・!   ここでいよいよ登場するのが様々なギターテクニックや、メロディーのバリエーションだったり、フレーズだったりするのです。   基本的に自分の感情を伝えるという目的があって、その為にテクニックを使うっていう考え方の方が、最終的に良い音楽にたどり着きやすいです。   速弾きが出来るようになりたい、タッピングが出来るようになりたい、スウィープが出来るようになりたい、様々あるとは思いますがテクニックを習得する事が自体が目的になってしまうと先へのフレーズとの接続などがおろそかになってしまう場合があります。   それらのテクニックを使ってどんな表現をしたいのかをイメージする事がとっても大事なのです。僕はテクニックとは基本的に自分の感情を表現する手段だと考えています。   大前提として、テクニカルなプレイができるようになりたいと思う事は大変素晴らしいことですし、是非練習に取り組んで頂きたく思うのですが、更にその先のイメージがあるとモチベーションも上がるのではないでしょうか。   しかし、これはギターや音楽を続けていかないと中々見えてこない世界でもあります。僕もギターを弾きだしてからもう何年経つのでしょうか、うーん・・・10年以上は経っています。13〜14年ぐらいでしょうか。もう自分の暦なんて数えなくなってしまいました。   少なくともギターをはじめて10年くらいはエモーショナルになることなどは意識せずにずっと弾いてきましたが、近年では速弾きをするにしても、アーミング、タッピング、エイトフィンガーなど何をやるにしても、演奏をする上での考え方がガラリと変わりました。     ❚さいごに     岡聡志によるレッスンはいかがでしたでしょうか。皆さんが更に音楽を楽しむきっかけになれば幸いです。   オンラインサロン『岡聡志MGL』では、現在40名以上が上達のために学んでいます。   岡聡志と楽しく練習してみませんか?   今よりもっと上手くなりたいけど、きっかけがない、周りにレッスンを受ける環境がない!そんな方は是非参加をご検討ください。  …

コミュニティ (54)
2018年10月10日

超初心者POP JAM SESSION|池袋SOMETHIN’ J-POPで気軽にジャムセッションを楽しもう!

  社会人になってから、誰かと一緒に生バンドで音楽を楽しむ機会がなくなってしまった・・・そんな方へ   日頃ご自宅で練習したり、カラオケに行ったりした時に、こんなことを感じたことはありませんか?   ☑ セッションに憧れるけど初めの一歩がなかなか踏み出せない   ☑ 憧れのバンドサウンドを一度は生で体感してみたい   ☑ 一度でいいから生バンドで歌ってみたい   ☑ 社会人になってから音楽をはじめたのでバンドを組んだことがない   ☑ ドラムを一人で練習していても楽しくない   ☑ 音楽の趣味が合う仲間に囲まれて新しい音楽ライフを満喫したい   ☑ でも、仕事が忙しくてバンドを組んでる時間や体力はない   ☑ セッションに行きたいけどジャズはハードルが高くて無理…   ☑ 自分のスケジュールに合わせてバンド活動ができれば良いのに   このような悩みから解放され、セッションやバンドサウンドの楽しさを味わえる、とっておきのイベントをご用意しましたので、気になる方はここから先へスクロールして詳細をご覧ください。     超初心者POP JAM SESSION 2018年11月18日(日) 池袋SOMETHIN’ Jazz Club B2F 〒170-0014 東京都豊島区池袋1丁目8−8 池袋労働基準協会ビル 14時~17時 2,200円(ドリンク付き)   今すぐお申込みはこちら|場所・日程・課題曲はこちら     ❚はじめに    …

ブログサムネ (23)
2018年08月01日

マーシャルJCM-2000でオシャレな音作りをする4つのコツ

  onギターAさん: スタジオにTwin-Reverbとマーシャルあるけど、お前どっち使う?   onギターBさん: えっと・・・Twin-Reverb で(申し訳なさそうに)   onギターAさん: オ・・・オッケー!じゃあ俺マーシャル使うね・・・(不安そうに)   みなさん、リハーサルスタジオやライブハウスでこのようなやりとりをしたことはありませんか?僕は幾度となくあります(笑)   改めましてこんにちは!ライフベンドミュージックスクール代表のソエジマトシキです。   マーシャルの音作り、うまくいってますか?スタジオに確実にあるマーシャルアンプ、最近はJCM-2000のほうが900より多いですよね。定番なんだけど、意外と音作りムズいんですよね~。 【マーシャルで甘い音を出す方法】.#超実践的音作り.1.右手の力を抜く2.ギターのボリュームを5~7まで絞る3.トーンを5~7まで絞る4.Treble Presenceを2~3までカットする ピッキングノイズをいかに削っていくかがポイント◎1がなにより重要です♪.#Addictone#Marshall pic.twitter.com/Fk8tdSTZZD — 副島 俊樹/ジャム研 (@toshiki_soejima) July 7, 2018 今回の記事では最近Twitterで多くの反響をいただきましたコチラの動画に沿って、マーシャルのJCM-2000でおしゃれで甘い音を出すコツをご紹介します!     ❚右手の力、抜けてますか?     クリーントーンでオシャレなソロを弾きたい!と思っても、音色をクリーンに切り替えただけではなかなかPaul Jackson jrのような雰囲気は出ません。   オシャレで甘い音を出すためには、右手の脱力がなによりも重要です。   まずはアンプのセッティングもギターのボリューム等もそのままに、右手の力を抜いていきましょう。すると、先ほどより少しだけエッジが取れて音が丸い印象になっていくのが分かるかと思います。トレブリーなセッティングでも、よく聞けば違いが分かると思いますよ♪   右手の脱力が大事だよという記事はこちら↓↓ セッションでどんなアンプでも良い音が出せるギターの音作り方法     ❚まさか、ギターのボリューム10じゃないですよね…?       もしボリュームがマックスなら今すぐ絞りましょう!どれくらい絞るか、お使いのギターにもよりますが、僕の場合シングルコイルのフロントPUで6、フロントハムで4.5くらいまで絞ります。   右手のタッチは弱いままですので、音量がかなり小さくなったと思います。不足した音量分はアンプのボリュームを上げて補います。先ほどと同じ音量まで戻してみると…あれ!?なんかさっきより丸い!?     ❚続いてギターのトーンを絞りましょう…

枯葉講座
2018年08月22日

ファンクギタリスト・ベーシストのための超初心者『枯葉』講座を開講します!

ジャムブログをご覧の皆様こんにちは!ライフベンドミュージックスクールギター講師の副島です。   日頃レッスンに通っていただいている生徒さん、超初心者ジャムやジャム研などイベントにお越しいただいているお客さま、そしてこのブログを読んでいただいている皆さま。ジャズスタンダードの「枯葉」という曲はご存知でしょうか?   皆様の多くがFUNKやR&Bを好まれる方かと思います。それでも、枯葉という曲はご存知という方が多いのではないでしょうか。   今回はそんな枯葉についてのお話しです。まずはこちらをご覧ください。     ❚ファンクギタリスト・ベーシストが枯葉に挑戦した時あるある       ☑いつものようにペンタを弾いてもまったくハマらない   ☑ⅡⅤフレーズを覚えても全く使いこなせない   ☑ウォーキングベースの弾き方が分からない   ☑テーマがジャズっぽく弾けない   ☑ジャズっぽいバッキングの作法が分からない   ☑FUNKの曲に比べるとテーマが長くて覚えられないし、覚えても数か月後には忘れている   ☑数ある参考音源からどれを選べばよいか分からない   ☑「ジャズも弾けるようになりたい」と心のどこかで常に思っている   一つでも当てはまったら、これからご紹介するファンクギタリスト・ベーシストのための超初心者『枯葉』講座へのご参加を検討ください。     ファンクギタリスト・ベーシストのための超初心者『枯葉』講座 2018年9月30日(日) ベースオントップ池袋北口店 〒171-0014 東京都豊島区 池袋2丁目61-1 13時~15時 3,000円(スタジオ、教材費込み)   ⇒今すぐお申込みはこちら     ❚あるあるに当てはまった方へ       ここまで読んでいただいているということは、皆さま↑の枯葉あるあるに当てはまるところがあったということですね!枯葉、難しいですよね…でも安心してください。   上記の☑リストは全て僕自身が経験してきたことなのです。   僕も皆さまと同じように、日頃は8ビート・16ビートなどしっかりとしたビートの上に成り立つFUNKやR&Bのような音楽を演奏しています。ギターを始めた頃毎日聞いていたのはロックです。   FUNKやロックも楽しいんですが、心のどこかでジャズも弾けるようになりたい…と常々思っていました。ですが、いざ手を付けて見ると何からやれば良いのかサッパリという状況で、年月だけが過ぎていました。…

ブログサムネ (22)
2018年07月25日

色んなギタリストの個性的すぎる部屋をまとめて紹介します!

こんにちは!ライフベンドミュージックスクール代表のソエジマトシキです。   先日twitterにて#ギタリストの部屋と題しまして、自慢のギタリスト部屋を晒すという企画を開催しました♪   ありがたいことに、たくさんの投稿・反響をいただきましたので、感謝を込めてブログにまとめさせていただきます。   掲載NGの方いらっしゃいましたら、お手数ですがDMくださいませm(_ _)m/p>