ジャムブログ

2016年07月01日

【初心者向け講座】指一本で弾ける楽器 “ベース”

こんにちは、ベース科講師の恩田です。 ベースは “大きくて、重たい”。   そんなイメージがあるような気がしますが、全くその通り。 持っていくことはできるけれど、片手でホイホイどこへでも…という感じの楽器ではありません。 ところがそんな大きくて重たいベースにも1つ優れた点があります。 それはズバリ “手軽さ” です。   というのも、ベースは殆どの楽曲において派手なエフェクトは必要ありません。 それはバッキングでもソロでも同じことです。 加えて “ピックもいらない” なんてこともあります。 ベースを持ってアンプに繋いで指一本!   これで誰でもベーシストになることができます。 大きくて重くて、だけど手軽。 こうして並べると不思議な語感ですが、この手軽さはベースならでは! もう決めている方も、悩んでいる方も、みなさん是非チャレンジしてみてくださいね!   体験レッスンはこちらから!   ライフベンドミュージックスクール ギター・ウクレレ・DTM科:川口教室 〒332-0028 埼玉県川口市宮町4-27 NCKビル 505号室 ベース・ヴォーカル・ドラム・カホン・サックス・ジャズポピュラーピアノ科:赤羽教室 〒115-0045 東京都北区赤羽2丁目8−2、いさみやビル2F 電話番号 050-3551-3491 定休日 不定休 当スクールFacebookはこちら http://bit.ly/1UN66g9

2016年06月30日

【単発講座】ミックスボイス講座【ボーカル科】

皆さんこんにちは!ボーカル科講師の庄田真季子です。     普段は楽しく!自分らしく歌う!をモットーにレッスンをしています。 歌うことで自分を表現するのって素敵ですよね♫ ですが、皆さんこんな経験があるのでは無いでしょうか。       ①低い音は安定しているけど音程が上がるにつれて苦しくなる ②高い音が芯のない裏声になってしまう ③以上のことで歌いたい曲が歌えない   この悩みは圧倒的に多いです。 低音から高音まで滑らかに発声できたら気持ちいいですよね♫ 曲のレパートリーも増えますね! この単発講座ではここに焦点を当ててレッスンして行きます。 身体の使い方やコツ、自宅で出来る練習方法なども伝授します! 単発講座ではこの他にも、各楽器ごとに様々な内容を扱っております。 お気軽に体験レッスンからお申し込みください!     ライフベンドミュージックスクール ギター・ウクレレ・DTM科:川口教室 〒332-0028 埼玉県川口市宮町4-27 NCKビル 505号室 ベース・ヴォーカル・ドラム・カホン・サックス・ジャズポピュラーピアノ科:赤羽教室 〒115-0045 東京都北区赤羽2丁目8−2、いさみやビル2F 電話番号 050-3551-3491 定休日 不定休 当スクールFacebookはこちら http://bit.ly/1UN66g9

KIMG3044
2016年06月30日

【単発講座】基礎スラップ講座【ベース科】

こんにちは、ベース科講師の恩田です。 見た目も華やかで独特な音色がするスラップ、憧れますよね。 しかし一方でベースの奏法の中ではダントツで難易度が高く、ベーシストなら一度はぶつかる “壁” と言えばこのスラップ奏法なのではないでしょうか。 かく言う僕も音が出るまで一週間ほどずっとスラップの練習をした記憶があります。 この講座ではスラップ奏法の基本的な動きを身に付けることを目標にレッスンを行います。 レッスンは ┗40分 本編(サム、プル、基本的なフォームの解説) ┗40分 曲を用いた練習 ┗10分 質問コーナー といった形で進行します。   さて、ここからはレッスンの内容から一部、”右手の基本フォーム” について紹介します。   1. 親指以外の指を軽く握る この時指を握り込んでしまうと余計な力が入ってしまうだけではなくプルもやりづらくなってしまうので注意が必要です。   2. 胸と肘で楽器を挟むように構える   こうすることで右手が安定します。 3. 手首を回転させ、親指で弦を叩く!(サム)   ドアノブを回すような気持ちで手首を回転させて弦を叩きます。”叩く” というところがコツで、親指で弦を引っ張るような感覚があったり、そのような弾き方は間違いです。   4. 手首を返すと同時に人差し指で弦を引っ掛けて鳴らす!(プル)   人差し指を軽く引っ掛けて   引っ張るような気持ちで鳴らします。弦がフレットに当たって “パチン” という音が出たら成功です。   これをスムーズにやればスラップ奏法の完成!     以上が右手の基本フォームです。 実際のレッスンではもっと詳しく、もっと発展的な内容まで紹介をしていきます。 これからスラップ奏法に挑戦してみたいという方は是非受講してみてくださいね!       ライフベンドミュージックスクール ギター・ウクレレ・DTM科:川口教室 〒332-0028 埼玉県川口市宮町4-27 NCKビル 505号室 ベース・ヴォーカル・ドラム・カホン・サックス・ジャズポピュラーピアノ科:赤羽教室 〒115-0045…

スクリーンショット 2016-06-29 23.33.29
2016年06月29日

【単発講座】コードに沿ったフレージング講座【ギター科】

こんにちは。ライフベンドミュージックスクール、ギター科講師の副島俊樹(そえじま としき)です。 突然ですが、皆さんギターを弾いていてこんな経験はありませんか?       ○いつも同じ手癖ばかりでマンネリ化している。 ○納得のいくギターソロがつくれない ○演奏中コードの事を考える余裕がない 僕もギターで単音弾きをするようになって、常にこういった悩みを持っていました。 この講座ではギタリストにありがちなこれらの悩みを解消し、今後の演奏に役立てていただくことが目的になります。   90分の講座の内訳は主に ┗10分 現状のヒアリング ┗50分 本編 ┗20分 実際にフレーズを作ってみよう ┗10分 質問コーナー このような形になります。   では、ソロを弾いている時どうやってコードを追っていくのでしょうか。この記事で少しだけご紹介します! 今回使用するコード進行は、定番中の定番 使用するスケールはEmペンタトニックスケールになります。   図1)Eマイナーペンタトニックスケール   例えばフレーズ1があったとします。 フレーズ1を使って弾いてみます。   コードの流れとは関係なしに、同じフレーズを弾いていますよね。もちろんこれも間違いではありません。 しかし、フレーズAにたった1音加えるだけで、劇的にドラマチックなソロに変化します。   フレーズ2 フレーズ2を使って弾いてみます。 いかがでしょうか。先ほどのソロより、コード進行に溶け込んでいることが分かると思います。 このようにコードに沿ってプレイするということは、すべてのコードを追いかけてプレイするのではなく   =ここぞというポイントを狙ってプレイする   ことなのです。 つまりすべてのコードトーン(コードの構成音)を把握していなくても   今自分が持っているフレーズに何か1音+するだけでOKなのです。   本講座では主に ○コード進行のどこを狙うか ○今持っているフレーズへ+α ○新しい手癖フレーズの作成 ここに焦点を当てていきたいと思っています。   単発講座ではこの他にも、各楽器ごとに様々な内容を扱っております。 お気軽に体験レッスンからお申し込みください。…

IMG_1162
2016年06月29日

2016/6/27初心者向けジャムセッション「超初級FUNK JAM」でした!

6月27日に行った第2回目の超初級FUNK JAMですが、今回も好評でした。   前回5月の時に来てくださった方で、今回も引き続き来てくださった方がとても多かったです。 リピートしてくださることは、我々にとってもすごく励みになりますし、イベントとして方向性を模索している今、皆さんが来てくださる事がとても嬉しいです。     今回の課題曲は   インスト 『Chameleon』 ウタモノ 『Feel Like Maikn’ Love』   でしたがいかがだったでしょうか。 『Chameleon』はB♭m7とE♭7を行ったり来たり、とてもクールなインストのナンバー、対して『Feel Like Maikn’ Love』はしっとりと歌い上げる大人のバラードでしたね。   ◯譜面 Feel_Like_Makin’_Love 超初級 FUNK JAM   Chamelon 超初級FUNK JAM   今回は演奏前にステージに上がった方にインタビューをする時間を取り入れてみました。 演奏前は皆さん緊張の面持ちで、「うまくできるか不安」「雰囲気だけでも出せるよう頑張ります」とおっしゃっていましたね。 演奏後は心無しか開放感に溢れた表情で「なかなか上手くいきませんね〜!」「ソロが終われませんでした(笑)」など反省点も。   超初級FUNK JAMではステージに上がった方がどんな気持ちで演奏に臨むのか、何が出来て何が出来なかったのか、オンマイクのインタビューを通して全ての人に情報をシェアしていきます。 そうする事によってまだ出番が回ってきてない方も、「あの人はあんなに堂々としてるのに実は緊張しているんだ・・・」なんてことにも。 緊張しているのが自分だけではないと分かるだけでも、少し気が楽になりますよね。少しでもリラックスして弾いてもらえるよう今後も様々な工夫を行って行く予定です。 もちろん、程よい緊張感もステージに立つ醍醐味だったりもするのですが(笑)。   そういった生のセッション体験が出来る事もこのセッションならではです。 次回は7月25日に予定しています。この記事を読んだ皆さんも是非セッションデビューしませんか?   ライフベンドミュージックスクール ギター・ウクレレ・DTM科:川口教室 〒332-0028 埼玉県川口市宮町4-27 NCKビル 505号室 ベース・ヴォーカル・ドラム・カホン・サックス・ジャズポピュラーピアノ科:赤羽教室 〒115-0045 東京都北区赤羽2丁目8−2、いさみやビル2F…