ジャムブログ

ブログサムネ (23)
2018年08月01日

マーシャルJCM-2000でオシャレな音作りをする4つのコツ

  onギターAさん: スタジオにTwin-Reverbとマーシャルあるけど、お前どっち使う?   onギターBさん: えっと・・・Twin-Reverb で(申し訳なさそうに)   onギターAさん: オ・・・オッケー!じゃあ俺マーシャル使うね・・・(不安そうに)   みなさん、リハーサルスタジオやライブハウスでこのようなやりとりをしたことはありませんか?僕は幾度となくあります(笑)   マーシャルの音作り、うまくいってますか?スタジオに確実にあるマーシャルアンプ、最近はJCM-2000のほうが900より多いですよね。定番なんだけど、意外と音作りムズいんですよね~。 【マーシャルで甘い音を出す方法】.#超実践的音作り.1.右手の力を抜く2.ギターのボリュームを5~7まで絞る3.トーンを5~7まで絞る4.Treble Presenceを2~3までカットする ピッキングノイズをいかに削っていくかがポイント◎1がなにより重要です♪.#Addictone#Marshall pic.twitter.com/Fk8tdSTZZD — 副島 俊樹/ジャム研 (@toshiki_soejima) July 7, 2018 今回の記事では最近Twitterで多くの反響をいただきましたコチラの動画に沿って、マーシャルのJCM-2000でおしゃれで甘い音を出すコツをご紹介します!     ❚右手の力、抜けてますか?     クリーントーンでオシャレなソロを弾きたい!と思っても、音色をクリーンに切り替えただけではなかなかPaul Jackson jrのような雰囲気は出ません。   オシャレで甘い音を出すためには、右手の脱力がなによりも重要です。   まずはアンプのセッティングもギターのボリューム等もそのままに、右手の力を抜いていきましょう。すると、先ほどより少しだけエッジが取れて音が丸い印象になっていくのが分かるかと思います。トレブリーなセッティングでも、よく聞けば違いが分かると思いますよ♪   右手の脱力が大事だよという記事はこちら↓↓ セッションでどんなアンプでも良い音が出せるギターの音作り方法     ❚まさか、ギターのボリューム10じゃないですよね…?       もしボリュームがマックスなら今すぐ絞りましょう!どれくらい絞るか、お使いのギターにもよりますが、僕の場合シングルコイルのフロントPUで6、フロントハムで4.5くらいまで絞ります。   右手のタッチは弱いままですので、音量がかなり小さくなったと思います。不足した音量分はアンプのボリュームを上げて補います。先ほどと同じ音量まで戻してみると…あれ!?なんかさっきより丸い!?     ❚続いてギターのトーンを絞りましょう    …

ブログサムネ (22)
2018年07月25日

色んなギタリストの個性的すぎる部屋をまとめて紹介します!

こんにちは!ライフベンドミュージックスクールの副島です。先日twitterにて#ギタリストの部屋と題しまして、自慢のギタリスト部屋を晒すという企画を開催しました♪   ありがたいことに、たくさんの投稿・反響をいただきましたので、感謝を込めてブログにまとめさせていただきます。   掲載NGの方いらっしゃいましたら、お手数ですがDMくださいませm(_ _)m/p>

ブログサムネ (21)
2018年07月18日

ジャムセッションをはじめるなら超初心者JAMがおすすめ。100名以上がセッションデビューできた5つの理由。

ジャムセッションに完全特化した関東で唯一の音楽教室である当スクールが主催する、初心者のためだけのセッションイベント、超初心者FUNK JAM SESSIONでは2016年8月から約100名の方のセッションデビューをサポートしてきました! ⇒場所・日程・課題曲はこちら   セッションデビューされた方はバンドメンバーと一緒に記念写真をパチリ☆皆さん良い表情!         はじめは緊張したけど、無事に演奏が終わって安堵の表情♪       セッションデビューした方は皆口々に「音楽仲間が増えた」「楽器がもっと楽しくなった」とおっしゃいます。     このことから分かるように、ジャムセッションは楽器そのものの上達はもちろん、音楽ライフをより充実させるためにもとても有効です。         そんなジャムセッションをもっと広げて行きたい!そういった思いでホスト一同全力で臨んでいます。     皆さん、今度こそセッションデビューしてみたくなってきましたか?でも、初めてのセッション、不安や分からない事がたくさんありますよね。ここから先は、皆さんがセッションデビューへの一歩を踏み出せるように、背中を押すお手伝いをさせていただきます。   僕も初めてセッションに行こうと思った当時、このような悩みがいっぱいで、なかなかセッションデビューの一歩を踏み出せずにいました。超初心者JAMは、当時の僕のような初心者の方が安心してセッションデビューできる場所を作りたいと思いから2016年8月から定期的に開催しているイベントです。   そんな思いで開催している超初心者JAMには、皆さんが安心して確実にセッションデビューができる5つの理由があります。   今すぐお申込みはこちら|場所・日程・課題曲はこちら     ▍安心・確実にセッションデビューができる5つの理由       1.課題曲が事前に分かるので安心して準備ができる   ⇒一般的なセッションでは…   当日ステージに上がってその場で曲を決めるため、演奏するギリギリまで何の曲をやるのかは分からないです。セッションスタンダードと呼ばれる定番曲の中から、10曲程度覚えてようやく安心して行けるようになります。   ⇒超初心者FUNK JAM SESSIONでは…   超初心者JAMでは毎月3曲の課題曲のみでセッションを行います。そのため、どの曲を練習すればいいのか分からない、知らない曲が回ってきたらどうしよう、という不安がありません!   2.初めての方へのフォローが充実しているので、安心してセッションデビューができる   ⇒一般的なセッションでは…   セッション馴れしたプレイヤーが中心のイベントのため、初心者へのフォローに多くの時間が避けれることはありません。習うより慣れろ精神で、初心者は上級者のセッションをひたすら見ている場合も。…

超初心者からのセッションサークル (2)
2017年06月16日

東京の社会人音楽サークル「ジャム研」本気の仲間と楽しく上達したい方をお待ちしています!

社会人になってから、誰かと一緒に音楽を楽しんで上達する機会がなくなってしまった・・・とお感じの方へ   こんなことを実現してみたいと思いませんか?   ☑学生ぶりにギターを再開して今では週末に音楽の予定がいっぱい   ☑再頻出曲を全て覚えて自由にセッションを楽しむ   ☑セッション歴1年でホストに挑戦   ☑音楽の趣味が合う仲間同士でバンドを結成   ☑自分のセッションイベントを主催   ☑ドラマーだけど音楽をもっと知るためにギターに挑戦   ☑部員同士でマニアックなジャンルの研究会がスタート   一つでも気になったら、ジャムセッションに完全特化し本気で音楽を楽しみ上達していくことにフォーカスした、関東で唯一の社会人サークル、ジャム研への参加をぜひご検討ください。 ⇒今すぐ入部する|一般公開のイベントに参加する       ▍はじめに         はじめまして。ライフベンドミュージックスクール代表の副島です。   日頃のレッスンやイベントでたくさんの社会人の方とお会いしてきましたが、ほとんどの方が口々に「レッスン以外で音楽をやる機会がない」「社会人になると人と音楽をやる機会がなくなる」とおっしゃっていました。   事実、私が学生時代に所属していた音楽サークルの同期も、卒業と同時に楽器を置いてしまった人が大多数です。   また、知り合いと音楽活動はやっているものの、明確な目的がなくなかなか盛り上がらない・・・・といった声もお伺いしました。   そこで、社会人の方がもう一度本気で音楽に打ち込める場所を作りたいと思い、2017年7月に社会人のためのジャムセッションサークル、ジャム研を設立しました。   そのような思いから設立したサークルですので、ジャム研には皆様に本気で音楽に打ち込んでいただくための4つの特徴があります。       もう一度本気で音楽に打ち込める理由その1   トッププロによるレッスンが受けられるので、目から鱗のアドバイスがもらえる。   宮脇俊郎さん、山口和也さん、岩永真奈さん、神田リョウさんなどトッププロをゲストに招いたセッション会を定期的に開催しているので、他ではできないレッスン体験ができるようになっています。   トッププロからもらうアドバイスは、自分ではなかなか気づかないようなポイントばかり!一つ一つ実践していくと、プレイも劇的に良くなります。   一般的な音楽サークルの場合は…   ・会員同士でコピーライブへ向けた練習をすることがほとんど   ・楽しむことが最優先になっているので、上達は後回し…

1
2018年07月04日

【ジャムセッションのやり方】これだけは覚えておきたい合図(キュー)6選

  皆さんはセッションに行ってみて、またはこれから行くという時にこんなことで悩んだことはありませんか?   ・ホストの人がしきり合図を出し合っているけどどういう意味か全然分からない   ・出された合図の意味が分からず事故った   ・いつも合図を見逃して気づけばアンサンブルの中で独りぼっち…   その気持ちとっても分かります。慣れないセッション、ただでさえ自分のプレイで必死なところ、合図を覚えたり、読み取ったりするのは難しいですよね。まして、自分が合図を使いこなしてバンドを引っ張っていくなんて…それはもう何年後になることやら…。   ですが!そういった合図やセッション作法のことが情報として出回っていないのもまた事実。今回の記事では、そんなセッションの現場で使われている超実践的セッション作法をご紹介します!