【ギター】代表・副島俊樹のブログ

2016年07月27日

ギター科講師 副島俊樹 1st Album「雨あがりのトーン」本日発売!

ギター・ウクレレ・DTM科講師副島俊樹の1st Album「雨あがりのトーン」が本日発売となりました。 ライブ会場で手売りの他、通販サイトによる注文も承っております。 通販ではクレジットカード決済、銀行振込、郵便(ゆうちょ銀行)振込がお選びいただけます。 また、送料は全国一律¥300となります。   通販サイト:副島俊樹 1st Album「雨あがりトーン」オンラインショップ http://www.副島俊樹.com   渾身の一枚、是非多くの方に聞いていただきたいです!                 ​ —– 雨上がりのトーン 副島俊樹 ¥2,000(税込み) All Music & Arrange:副島俊樹 All E.Guitar & A.Guitar:副島俊樹 —– 1.Prologue 2.アンシヤベル 3.Stormin’ 4.風の船 – Beyond The Days – 5.Birth 6.Acid Rain 7.雨宿り 8.Summer Has Comer 9.太陽と雨の歌 – Live For Tomorrow –…

2016年07月26日

【池袋の音楽教室】趣味がない、つまらない、そんな悩みは音楽で解消!歌・楽器は老若男女におすすめ

こんにちは、ライフベンドミュージックスクールです。     もうすぐ関東も梅雨明け、夏本番が近づいてきました。 今年の夏は皆さん何をして過ごされますか?故郷への帰省、海や山などレジャー、海外旅行もいいですよね。ポケモンGOをプレイするのも良いかもしれません(笑) しかし、いつもと変わらない夏の過ごし方に少し飽きてきた方もいらっしゃるのではないでしょうか!? 何か新しいことを始めたい・・・夏はそんな思いにピッタリの季節でもあります。   「よし・・・楽器を始めよう!」 と思い立った方、結構いらっしゃると思います。 しかし楽器はなかなか一人では上達しにくく、最初に何をやれば良いか分からない趣味でもあります。 そこで多くの方が「レッスンに行こう!」と思うのですが、これもまた手続きや講師との日程合わせが面倒くさいものです。 この日からはじめたいというタイミングにレッスンが受けれないと、せっかくのやる気もそがれてしまいますよね。   そんな声を多くいただき、当スクールではこの夏から   24時間WEB予約   を導入しました!! このシステムでは、教室の空き日を事前に確認して、その場で予約を完結することができます。   従来の予約方法 お申し込み⇨講師より折り返し⇨日程相談⇨予約完了or日程が合わず予約不成立 24時間WEB予約 お申し込み⇨予約完了 比べてみると一目瞭然。スピード感が違います。   ○思い立ったらその場で予約ができる ○担当講師との日程合わせをする必要がない ○教室の空き状況がすぐに確認できる   面倒な手続きは一切不要です! ライフベンドミュージックスクールは、あなたのやる気を100%活かしてレッスンに繋げます。   まずはお気軽に無料体験よりお申し込みください。   イベントの空き状況確認はこちらから             ライフベンドミュージックスクール ギター・ウクレレ・DTM科:川口教室 〒332-0028 埼玉県川口市宮町4-27 NCKビル 505号室 ベース・ヴォーカル・ドラム・カホン・サックス・ジャズポピュラーピアノ科:赤羽教室 〒115-0045 東京都北区赤羽2丁目8−2、いさみやビル2F 電話番号 050-3551-3491 定休日…

2016年07月19日

安いだけでなく時間も確保。初心者におすすめのギターレッスン

こんにちは、ライフベンドミュージックスクール、ギター科講師の副島俊樹です。   みなさんギターレッスンというと、どのようなイメージをお持ちでしょうか。     ・グループレッスンで自分のペースで出来ない ・個人レッスンはどんな雰囲気か分からないのでなかなか手を出せない ・せっかく月謝を払っているのに一回のレッスン時間が短い   こんなイメージをお持ちの方が多くいらっしゃるのではないでしょうか。 確かにギター教室や音楽教室は行くまでどんな雰囲気か分からないし、 一対多人数のレッスンでは自分に合ったペースで上達するのが難しいですよね。 僕もレッスンをやっていく中で、これらのニーズに中々応えることが出来ずにいました。 そこで2016年3月に立ち上げた当スクールでは、いくつかの画期的アイディアを導入しています。   ・1コマ60分 まず1コマあたりのレッスン時間が長いです。 他のスクールでは一回30分、50分あたりが相場ですがそこを頑張りました。 通常コースが こちらの料金になりますが、これは時間対費用の面からすると衝撃特価です。   一回あたりのレッスン時間を長くするのは、安さの面はもちろんですが質の面から見てもたくさんのメリットがあります。 10分基礎練習をしても、残り50分は曲の練習や新しい内容を扱うことが出来るからです。 駆け足のレッスンでは、本編の内容に割く時間を捻出するために、基礎がおろそかになったりするこもあります。 じっくり練習して、確実に上達することが出来るのです。 ・+10分のインターバル さらに、ただレッスン時間を増やしただけではありません。 レッスン後本編終了後に10分のインターバル時間を導入しています。 次の生徒さんと慌ただしく入れ替わったり、質問をする時間がバタバタしてないと後味も悪いものです。 当スクールでは、教室を後にする瞬間まで上質な時間を過ごしていただくため、こだわりを持ってゆとりある時間設定を行っています。 ・90分×3回で¥9,000円の超入門コース 以上のノウハウを集約した、とっておきの入門コースです。 これから音楽をはじめる未経験者の方、前に挑戦したけど挫折してしまった方。 まだ楽器が弾けない方にはピッタリのコースになっております。 このコースでは、「実際に弾いてみる」ということに全科共通して重きを置いています。 各科ごと専用のシラバスにより、”三回で楽器が弾ける”を目標に尽力いたします。   まずはお気軽に無料体験よりお申し込みください。 ライフベンドミュージックスクール ギター・ウクレレ・DTM科:川口教室 〒332-0028 埼玉県川口市宮町4-27 NCKビル 505号室 ベース・ヴォーカル・ドラム・カホン・サックス・ジャズポピュラーピアノ科:赤羽教室 〒115-0045 東京都北区赤羽2丁目8−2、いさみやビル2F 電話番号 050-3551-3491 定休日 不定休 当スクールFacebookはこちら http://bit.ly/1UN66g9

2016年07月08日

初心者におすすめ! ジャムセッションのやり方 -ギター編-

「えっと・・・ギターソロいつ終わればいいんだ!?」   こんにちは。ライフベンドミュージックスクールギター科講師の副島俊樹です。 突然ですが皆さん、セッションを経験されたことはありますでしょうか。 ミュージシャン同士が音と音で会話をするように、アドリブを繰り広げ行く。 そんなジャムセッションに、一度は憧れた方も多いのではないでしょうか。 勇気を出して街のジャムセッションに繰り出し、緊張感に手に汗握る中曲は進行し、満を持してソロの順番が回ってきました。 そこで「えっと・・・ギターソロいつ終わればいいんだ?!」こうなったことはありませんか?   この記事では、セッション初心者のギタリストに向けたジャムセッションのやり方について書いていきます。 当スクール主催の初心者向けセッション「超初級FUNK JAM」で実際にお役立ていただければと思います。   さて、初対面の人同士で一緒にプレイすることも多いジャムセッションですが、いくつか決まり事があります。 その決まり事があるからこそ、滞りなく曲を進行することが出来るのです。いわゆる暗黙の了解というやつですね。 代表的なものは構成です。     大体は [イントロ]→[テーマ(メロディ)]→[ソロ]→[テーマ(メロディ)]→[アウトロ] こんな感じになります。   一つずつ解説していきます。 [イントロ] 曲に始まる前、原曲にイントロがある場合もあればない場合もあります。ない場合はAメロのコード進行を回したりします。 ここでどういう雰囲気で演奏するかが決まります。   [テーマ(メロディ)] 曲の主線律のことをいいます。歌モノなら歌が入っているところ、インストだとメインのメロディがなっているところです。   [ソロ] ここがジャムセッションの最大のポイントになります。曲のメロディが終わったら、長~い間奏に入ります。 この長~い間奏というのが、みんなでソロを回す時間になります。 ソロを回す順番は先に話し合って決めてもいいし、我こそはと一番先に弾く人もいます。 一番良くないのは、誰もソロを弾きださず「あ……お先にどうぞ」と譲り合ってしまうパターンですね(笑) 慣れないうちは、時計回りや、事前に話し合うのも手でしょう。   冒頭にも書いた「ソロが終われないー!」という現象はここで置きます。 この事態に陥るポイントとしてはズバリ以下の要因があげられます。   ○ソロに起承転結がない   なんとなく始まったソロが、なんとなく終わってしまう。見ている他のお客さんも退屈そうな顔をしている…。 ビシっと始めビシっと終わるには、ソロのストーリー性すなわち起承転結は絶対に必要です。 起承転結を簡単に付けるには、クリーン→オーバードライブ/音数少→音数多の流れを意識するとよいでしょう。 クリーン系の音色で音数を少なくスタートし、盛り上がるぞ!というポイントでエフェクターを踏んで音数も増やす。 これだけである程度のストーリー性は出てきます。 ジャムセッションでソロをとる時、一定の緊張感は必ず付いてくるので、事前にイメージトレーニングしておきたいですね。 セッションに行く前に家で「今日はこういうソロをとろう」と考えるのも良いかもしれません。   ○Cueをうまく出せていない   Cueとは合図のことです。「もうソロ終わりますよー!」という意思を他のプレイヤーに伝えないと、自分だけ終わってしまうなんてことになりかねません。セッションでは重要なポイントですね。 Cueの出し方は人によってさまざまですが、ギタリストの場合両手がふさがっているので「身体ごと他のプレイヤーを見る」のがオススメです。 タイミングは直前すぎないように少し前の小節から出してあげましょう。…

2016年06月30日

初心者・未経験者のための「超入門コース」開講!

  1.すべての音楽初心者へ         こんにちはライフベンドミュージックスクールです。   当スクールは、この夏新たな試みとして未経験者・初心者の方に特化した入門コースを開設いたします。   これから楽器や歌を始めようとしている方にぴったりの、とっておきのコースです。     2.その名も超入門コース       徹底的に未経験者・初心者の方の気持ちに立ち、何が必要かを考えました。   そこで我々がたどり着いた答えが”時間”です。   一回50分、それがこの業界の相場です。それに対し当スクールでは、通常コースも60分と比較的長く設定しています。   しかし、これから音楽を始める方への一からのレッスンというのは、60分でもあっという間に感じてしまうほど濃く、駆け足になりがちです。   「音楽を始めてどうなりたいか」というヒアリング、とにかく楽器に触れて体験してみる、簡単な練習法をこなす、これからの流れの説明などやることは山ほどあるのに対し、時間が少なすぎるのです。   ある日60分のレッスンを終えた初心者の方に、次の生徒さんが来るまでの間特別に時間を延長してレッスンを行ったことがあります。   するとどうでしょう、60分、まして50分ではありえない時間的余裕が生まれたことに加え、その日習った事を次々に消化していくその方の姿がありました。   そこで90分のレッスンを開講しようと決心したのです。   さらにこの超入門コース、特別なのは時間だけではありません。     3.回数も料金もスペシャル       具体的には90分のレッスンが3回で¥9,980です。   ○50分のレッスンが4回の場合 50×4=200分 ○90分のレッスンが3回の場合 90×3=270分     その差なんと70分、レッスン1回分以上の差があります。     4.コースごとに専用のシラバス     ただ、やみくもに値下げしただけではなく、その効果も自信を持ってお届けできるものになっています。…