【ギター】代表・副島俊樹のブログ

e574924f35824dec668bcda3b4f4e819_s
2016年10月19日

ギターのスケールはペンタトニック+1で覚えていこう

Cissy Stutって7th一発だから苦手・・・     [譜面]The Meters – Cissy Strut [譜面]セッションで使える!_7thコード一発のギターフレーズ5選   と思っている方、多いのではないでしょうか? こんにちは、ライフベンドミュージックスクールギター科講師の副島です!   今回はペンタならなんとか弾けるけど、コードにあったフレーズって全然弾けないんだよね・・・という方に向け セッションですぐに使える、7thコード上でのフレーズを5つ選びそれについて解説していきます。   ギターでは今弾けるペンタトニックスケールに1音足すだけで、いろいろなスケールを覚えることができます。 ペンタトニックに1音足せば、7th上で使えるミクソリディアンの響きになります。 さらにCissy Strutという曲がC7一発なのでまさに即戦力。お得な記事ですよー!   ☆こちらを読んでからだとよりお楽しみいただけます!☆ ジャムセッション初心者のための「ジャムセッション準備コース」開講! 東京のジャムセッションってどんな感じ?実際に行ってみた   ☆WEB教材更新中です! セッション曲で覚えるギタースケール【超実践的フレーズ集】     ☑目次     0.動画 1.そもそも7thコードってちゃんと理解してる? 2.・・・やっぱり分からない!! 3.弾けることしか理解はできない 4.7thコードはマイナーペンタトニック+1で弾く 5.Cissy Strutで使えるフレーズ解説 6.おまけ 7.まとめ     0.動画     こちらの動画だけでもお楽しみいただけます!     ⇒今度こそセッションデビューを!     1.そもそも7thコードってちゃんと理解してる?  …

konashikouza
2017年03月23日

7/23(日) 川口でギター科「セッション曲弾きこなし講座」開催!

単発レッスンでピンポイント上達!     こんにちは、ライフベンドミュージックスクールギター科講師の副島俊樹です。       当スクールでは月謝制のレッスンの他に単発でのレッスンも行っております。 苦手・弾けない・分からないことに焦点を絞るので、ピンポインに上達できると好評です。 セッション曲弾きこなし講座は、こちらが指定した日のみ通常¥5,940(税込)のレッスン料が¥5,400(税込)になるというお得なイベントです。     ▍1.イベント詳細       場所:ライフベンドミュージックスクール川口教室 332-0028 埼玉県川口市宮町4-27NCKビル505 日程:7/23(日曜) 時間:10:00~18:00の間にお一人様何時間でも受講可   料金:¥5,400(税込み)     〇講師     Guitar.副島俊樹(当スクール代表・ギター講師) ギタリスト・ライフベンドミュージックスクール代表・SLOTH MUSIC所属。 ブルースフィールで高らかに歌うギターと、情景が思い浮かぶソングライティング。 教室経営にも力を入れ、主にセッションに関するレッスン・ワークショップを多数行っている。⇒詳しく見る     ▍2.レッスン内容         ✔一対一のプライベートレッスン   ✔スタンダード曲の中から1曲を徹底解説   ✔10時から20時までのお好きな時間で60分   ✔単発レッスンなので気軽に来れる!     たくさんあるセッションスタンダード、何から手をつけたらいいか分からない・・・。 そうやって早数年が過ぎてしまった方も多いのではないでしょうか。そんな方にキッカケを与えることこそ本講座の目標です。   まずはこちらが用意した課題曲リストの中から1曲をお選びください。歌物、インスト問わずセッションで演奏しない日はないくらい定番の曲をピックアップしました。 選ぶ基準は好みでオッケーですし、当日講師と相談しても決めても大丈夫です。 リストにはない曲をやりたい場合も、事前に相談いただければ対応可能です。…

hip-hop-1873203_640
2017年03月17日

ダンスで心を解き放つ! BE A HERO に副島・恩田が参加!

バックバンドで参加しております!     こんにちはギター科講師の副島です。   今回は講師の活動として、ご依頼いただいた「BE A HERO」での演奏についてご紹介していきます!     ▍BE A HEROとは?       殻に閉じこもって、なかなか一歩踏み出せない子どもたちが、音楽を通して、心を体で表現をしていく。 自分と向き合い、仲間と共感し共鳴していく体験型合宿。     ▍副島と恩田は何をしてるの?       今回のBE A HERO、なんと音楽はすべて生演奏なんです!!   合宿通してのバックバンドをライフベンドチームでやらせていただくということです♪   チームに共感を生んでいくためには、実際に人が奏でる演奏の方が効果的。とのことで生演奏にご理解をいただけてとても嬉しいですね。   さらに今回は、”ミュージシャンでかつ教育の分野にも熱意が持てるチーム”という理由でご指名いただきました。   日頃レッスンやワークショップもやらせていただいている我々にとってはありがたい限りです(泣)。     ▍バンドメンバー     ○ギター・バンドマスター:副島俊樹(ギター科) ギタリスト・ライフベンドミュージックスクール代表・SLOTH MUSIC所属。 ブルースフィールで高らかに歌うギターと、情景が思い浮かぶソングライティング。 教室経営にも力を入れ、主にセッションに関するレッスン・ワークショップを多数行っている。⇒詳しく見る   ○ベース:恩田康人(ベース科)   ○キーボード:堤有加   ○ドラム:与野裕史   キーボードとドラムにはそれぞれ助っ人として堤有加さん、与野裕史さんに入っていただいています。   与野さんは超初心者FUNK…

soejima
2016年12月02日

ジャムセッションに行きたいギタリストが知っておいたほうが良いセッションのやり方

家ではうまく弾けるのに。。。   そんなあなたに朗報です。     こんにちは、ギター科講師の副島俊樹と、ベース科講師の恩田康人です!   ジャムセッションに行きたいけど、初めて行く場所への不安はつきものですよね。   中でもジャムセッションには暗黙のルールが多数あり、行ってみないと分からない部分も多いです。   そこで今回の記事では、ギタリストに焦点を当ててジャムセッションをやる上で守るべきルールについてまとめていきます!     ▍目次     音量は思ってるより大きめに テーマも弾けるようにする ソロ終わりにはcueを出す バッキングの練習も忘れずに 必要最低限の機材で この記事を読んだだけでセッションに行くのは不安…と言う時は?     ▍音量は思ってるより大きめに       音量はすべてを決める大事な要素です。どんなに良いプレイをしても、聞こえなければ話になりません。   副島「音が小さいギターの人って多いと思うんだけどどう思う?」   恩田「うーん、周りのこと考えているのかなと思いつつ、そうじゃないんだよなーという気分になります。」   副島「うわー厳しい意見(笑)。」   恩田「と厳しく言えるのは、僕が元々音量が小さ過ぎて聞こえないタイプのベーシストだったからです。CDとか、特にイヤホンだとダイナミクスを感じとりにくいんですよね。そこから抜け出すために敢えて爆音のセッティングでセッションを始めて、いつもの音量になるように右手でコントロールしたりとかしてましたね。」   副島「なるほど!脱力というわけですね同感っす。ギターはアンプの設定以上の音量は出ないから、思い切って大きめにしたほうがいいと思ってる。基本はドラムの最大音量くらい出すかな、そこからVolツマミで差し引いて演奏してるよ。バンド(特にドラム)が盛り上がってきた時の音量差はオケと生バンドじゃ全っ然違うからね!」     ✔理想の音量バランス     セッションではバッキングとソロを弾きます、つまり脇役と主役の両方をこなさなければなりません。   ○バッキング(Clean)→他の楽器と同じくらいに、かつ自分が思っているよりもう一息大きく   ○ソロ(OD)→バッキングの音よりさらに1,5倍大きく   そんなに出していいの!?と思うかもしれませんが、ソロではギターが主役なので他のどの楽器よりも大きくてOKです。   バッキングの音と同じ音量で弾いた場合、ソロの終盤バックが盛り上がってきた時にギターの音が埋もれてしまいます。  …

チキン講座
2017年03月12日

4/16「Chicken 完全攻略WorkShop」を開催!

弾けてそうで弾けないのがChicken     こんにちは、ギター科講師の副島俊樹です!   ジャムセッションで毎回のように演奏する定番中の定番曲、The Chicken。   定番曲としても広く知れ渡っているので、まずはChickenを練習しよう!と思う人も多いかと思います。   しかし定番だから簡単、というわけではないところにこの曲の落とし穴はあります。   以前こんな記事も書きましたが、初心者が挑戦すると沼にはまってしまうような曲でもあります。   ⇒ジャムセッション初心者が定番曲「The Chicken」を練習するべきでない理由   こんな記事を書いておいて、自ら営業妨害をしている気もしますが(笑)、それでもChickenに関する質問はレッスンやイベントで多数いただいています。   難易度は高い、でもよく演奏する、ここに折り合いをつけるためにはワークショップをやるしかない!そう思い今回のイベントを思いつきました。     ▍1.イベント詳細       場所:池袋SOMETHIN’ Jazz Club(東京都豊島区池袋1丁目8−8 池袋労働基準協会ビルB1・B2)   時間:Start13:00   料金:チャージ¥2,100、3drinks¥1,100   The Chicken 完全攻略WorkShop   参加者はギター・ベースが対象   定員15名   ○講師   Guitar.副島俊樹(当スクール代表・ギター講師) ギタリスト・ライフベンドミュージックスクール代表・SLOTH MUSIC所属。 ブルースフィールで高らかに歌うギターと、情景が思い浮かぶソングライティング。 教室経営にも力を入れ、主にセッションに関するレッスン・ワークショップを多数行っている。⇒詳しく見る   いつも超初心者FUNK JAM SESSIONでお世話になっているSOMETHIN’ Jazz…