ジャムセッション初心者のための記事一覧

ブログサムネ (10)
2018年04月27日

ジャムセッション定番曲The Chickenでオルタードを使ってアドリブを取る方法

皆大好きChicken、今日も世界中のセッションでChickenやろうぜ!と誰かが言っているでしょう。皆さんは、Chickenやろうぜ!と言われたときに「やべっ」と思うことはありませんか?僕はありました。というか今でもChickenをやるときは気合を入れなおしますし、永遠の課題曲のようなものです。   何がChickenをそんなふうに難しくしているのか?答えはコード進行にあります。始めはブルースと同じでも、気づけば7thコードの嵐に…。しかし、ちゃんと要点を押さえればChickenをそれっぽくプレイするキッカケを掴むことができます。     ご挨拶が遅れましたが、先ほどからしゃべっている僕はライフベンドミュージックスクール代表をやっております、ギター講師副島俊樹です。たくさんの人のセッションデビューをお手伝いしてきた中で、Chickenにつまずいてしまった人たちをたくさん見てきました。今回の記事ではその経験に基づいて、Chicken攻略のマル秘テクをお伝えします。それではいってみましょう!

ブログサムネ (16)
2018年05月23日

社会人の音楽活動に『ジャムセッション』が最適な5つの理由

社会人になってから、誰かと一緒に音楽を楽しんで上達する機会がなくなってしまった・・・とお感じの方へ   こんなことを実現してみたいと思いませんか?   ・学生ぶりにギターを再開して今では週末に音楽の予定がいっぱい。   ・バンドメンバーとの日程調整のストレスなしに、定期的に生バンドと演奏。   ・脱!ひきこもりミュージシャン。たくさんの音楽仲間とのアンサンブルを楽しむ。   ・淡々とコピーしていく音楽活動にセッションを取り入れ、より上達に繋がる活動に。   ・ギターや歌で一生かけて実現したい目標を持っている。   一つでも当てはまったら、ご自身の音楽活動にジャムセッションを取り入れることを是非ご検討ください。皆さんの音楽ライフがもっと楽しくなること間違いなし!     ❚この記事を書いている僕も社会人です       はじめまして!社会人ベーシストの西村正樹です。(写真はベースソロ中笑)私は普段は某IT系企業の会社員、週末はベーシストをやっています。今回の記事ではジャムセッションがなぜ僕たち社会人の音楽活動に向いているのか?ということについて書いていきたいと思います。僕自身もジャムセッションを音楽活動に取り入れるようになって、音楽ライフが激変しました。そういった経験談も交えつつ、皆さんにジャムセッションの魅力についてお伝えできたらと思います!   さて、僕はこれまでにジャムセッションに通い自身の音楽力向上に勤しむ傍ら、社会人ミュージシャン向けにレッスンやライブのサポート等をたくさんやってきました。そこで出会った社会人ミュージシャンのみなさんは共通して、以下の悩みを持っていました。     ❚社会人ミュージシャンがかかえる音楽活動の悩み     A.多くの社会人ミュージシャンは演奏の場がなく、「ひきこもりミュージシャン」になっている。   B.活発に活動している方の多くはバンド形式で「好きな曲のコピー」「オリジナル曲」をやっているが、スケジュール調整や練習ペース等、仕事との両立が負担となり、集まること自体が目的になってしまいレベルアップに繋がる活動ではなくなっている。   お仕事と音楽活動の両立って難しいですよね。私も会社員の側面を持っているので、と~~ってもよくわかります。そして、一人、また一人と楽器やマイクを置いていくかつての音楽仲間を見てきました。こちらの図をご覧ください。社会人で音楽を辞めてしまう人の一例を表しています。皆さんの周りにもこの図と重なる方がいるのではないでしょうか。     そんな中で継続的に上達していくことはもっと難しいですよね。でも、人生の中で一番長い社会人時代。音楽を楽しみ上達することを諦めたくないですよね?   私も社会人になってからというもの、皆さんと同じような悩みで音楽活動が停滞した時期がありました。でもジャムセッションとの出会いがあり、今では以前より週末に音楽の予定が入ることも多くなり、高いモチベーションをもって楽しくレベルアップできるようになりました。そこでふと思ったのが、ジャムセッションって社会人にとって最適な音楽活動の仕方なんじゃないか?ということでした。     ❚社会人の音楽活動にジャムセッションが最適な5つの理由     1.その場に集まったメンバーと好きな曲を演奏するので、メンバー調整のストレスがなく音楽活動ができる。   2.自分の可能なペースで練習し、参加できるので「やらなきゃいけない」というストレスがない。   3.コピーに比べると情報量が多く練習するポイントが多いので、常に目標を持った音楽活動ができる。   4.メンバーが集まれないことが原因で活動がストップすることがないので、長く安定して音楽活動が続けられる。   5.特定のバンドメンバーとの活動に比べ新しい出会いが多いので、常に新鮮な環境で音楽活動ができる。   このような理由で、ジャムセッションは社会人の音楽活動を「より気軽に」「より質の高い」ものにするにはピッタリの方法なんです!次はいよいよ、じゃあどうやってジャムセッションを始めたらいいの?という事について触れていきます。…

song list
2017年04月14日

ジャムセッション初心者が最初に覚える定番曲リスト【頻出順】

どの曲をどの順番で練習すればいいのかわからない     こんにちは、ライフベンドミュージックスクール・代表の副島です。   セッションを中心に扱う当スクールですが、生徒さんからよく「定番曲の中からどの曲を練習すればいいのかわからない」「どの曲を最初にやるべきなのか」という声をいただきます。   そこで今回は2018年現在、私たちがジャムセッションを行っていく中でも特によく演奏する曲、かつ初心者向けの定番曲をピックアップします。   定番というくらいですから、どれも譜面を見ずにプレイするのが当たり前の曲たちです。   演奏頻度が高く、かつ自分の好みにあった定番曲からコピーしていきましょう!     ▍目次     まずはこの2曲からスタート ほぼ確実に演奏する曲 セッションに慣れてきたら挑戦したい曲 さらに上を目指したい方のための曲 練習方法がわからない時は?     ▍まずはこの2曲からスタート     演奏頻度:★★★★★(これさえ弾ければセッションにいける)     ・The Meters – Cissy Strut [譜面]The Meters – Cissy Strut   ・Roberta Flack – Feel Like Makin Love [譜面]Roberta Flack – Feel Like Makin Love…

soejima
2017年05月01日

ギターのスケールを覚えてもアドリブが弾けません⇒練習方法間違ってます

弾けども弾けどもしっくりこないあなたへ   こんにちは、ギター科講師の副島です。 今回はスケールを覚えてもアドリブがとれない、そもそも全くできるようにならないという人が、改善すべき練習方法について書いていきます。     ▍目次     下手なアドリブの人がやりがちな練習方法 スケールやフレーズなぞっただけで満足するのはもうやめよう アドリブが弾けるマインド それでもできない時は?     ▍下手なアドリブの人がやりがちな練習方法       スケールの運指を覚えたと思ったら、いきなりアドリブの練習をしていませんか?   レッスンに来る生徒さんやジャムセッションに来るお客さんの中には、原曲のコピーもほどほどにアドリブソロの練習をしている方が多いです。曲のトラックに合わせてスケールを上下したりです。そんな方に僕が言うのは「まず原曲をよく聞いてください。そしてテーマとバッキングをしっかり覚えましょう。」ということです。   テーマがあやふや、譜面を読まないとコードが追えないという方、多いです。そもそも、譜面を見ずにテーマを弾けない人が譜面を見ずにアドリブが取れるわけがありません。     ▍アドリブを弾きたかったらコピーしてください       さきほどのアドリブ練習ばかりの人達は、もともとコピーする習慣がなかったり、その質が低かったりします。   例えばあなたがC7th上でアウトっぽいソロが弾きたい・・・と思ってるとします!そんな時にこの動画と出会ったとします!!(強引)     そしてJohn Scofieldのソロが始まりました。めちゃくちゃかっこいいですよね。さあコピーしますか?しませんか?   もしこのブログを布団にくるまりながら見てる人は、今すぐ布団を飛び出して楽器に触りましょう。極端に言えばこれくらいコピーすることの優先順位を上げて欲しいです。   でも。。。ただコピーするだけではダメなんです。その練習法をご紹介します。     ▍フレーズをなぞっただけで満足するのはもうやめよう       さきほどのCissy Strutの動画から、なにかひとつフレーズをコピーしたとしましょう。ここで心地よい達成感に満たされて練習をやめてるようでは一生かかってもアドリブはうまくなりません。   次の日起きたらそのフレーズのことなんて忘れてしまっているでしょう。コピーはするけど定着しないという方は、本当の意味でフレーズのインプットができていないのです。   フレーズをコピーしたら、どんな場面でどう弾くかを徹底的に練習します。ソロが始まる1小節前の3拍目から弾き始める⇒7thだからWatermelon Manでも使えるな。こんな感じでもう一歩踏み込みましょう。  …

session movie
2017年04月21日

【ジャムセッション定番曲】プロが選ぶ参考にすべき名演動画まとめ

どの資料で練習すればいいのか分からない!     こんにちは、ギター科講師の副島です。   日ごろレッスンやセッションで、「定番曲は分かったけど何を参考に練習すればいいのかわからない」という声をよく聞きます。   確かに、ジャムセッション定番曲の資料は膨大でネット上にあらゆるバージョンの譜面や動画がありますよね。   そこで今回の記事では、”実際のセッションで役に立つ要素がある”ということに焦点をあてて動画をまとめていきます。   どの動画も実際に僕が見てセッション曲の練習に役立てたものばかりですよ!   ⇒いますぐ体験レッスンへ!     ☑目次     1.Cissy Strut 2.Feel Like Makin’ Love 3.Chameleon 4.Isn’t She Lovely 5.The Chicken 6.Just The Two Of Us 7.アドリブの練習だけするのはもうやめよう     ▍1.Cissy Strut     [譜面]The Meters – Cissy Strut   Dennis ChambersとJohn Scofieldが率いるグループの演奏です。本家の音源とどうしてもタイミングが合わない!という人はまずこの動画と一緒にプレイしてみるといいかも。   ジョンスコのソロ始まり部分のアウト感は本当にかっこいいので、7th一発でアウトができるようになりたいという人ははじめのフレーズだけでもいいので必ずコピーしましょう!  …