社会人音楽サークル

コミュニティ (31)
2018年06月29日

神田リョウが教える「小さい動きで芯のある音を出すためのスティックの持ち方・支点」

大音量は出せないけど、バックビートをしっかり出したい。ショットスピードを上げたい。芯のある音を出したい。そんな悩みを神田リョウのレッスンで解決しよう!2018年1月よりスタートした神田式ゆるふわドラム塾オンラインで行われたレッスンの一部をお届け!  

超初心者からのセッションサークル (2)
2017年06月16日

東京の社会人音楽サークル「ジャム研」本気の仲間と楽しく上達したい方をお待ちしています!

社会人になってから、誰かと一緒に音楽を楽しんで上達する機会がなくなってしまった・・・とお感じの方へ   こんなことを実現してみたいと思いませんか?   ☑学生ぶりにギターを再開して今では週末に音楽の予定がいっぱい   ☑再頻出曲を全て覚えて自由にセッションを楽しむ   ☑セッション歴1年でホストに挑戦   ☑音楽の趣味が合う仲間同士でバンドを結成   ☑自分のセッションイベントを主催   ☑ドラマーだけど音楽をもっと知るためにギターに挑戦   ☑部員同士でマニアックなジャンルの研究会がスタート   一つでも気になったら、ジャムセッションに完全特化し本気で音楽を楽しみ上達していくことにフォーカスした、関東で唯一の社会人サークル、ジャム研への参加をぜひご検討ください。 ⇒今すぐ入部する|一般公開のイベントに参加する       ▍はじめに         はじめまして。ライフベンドミュージックスクール代表の副島です。   日頃のレッスンやイベントでたくさんの社会人の方とお会いしてきましたが、ほとんどの方が口々に「レッスン以外で音楽をやる機会がない」「社会人になると人と音楽をやる機会がなくなる」とおっしゃっていました。   事実、私が学生時代に所属していた音楽サークルの同期も、卒業と同時に楽器を置いてしまった人が大多数です。   また、知り合いと音楽活動はやっているものの、明確な目的がなくなかなか盛り上がらない・・・・といった声もお伺いしました。   そこで、社会人の方がもう一度本気で音楽に打ち込める場所を作りたいと思い、2017年7月に社会人のためのジャムセッションサークル、ジャム研を設立しました。   そのような思いから設立したサークルですので、ジャム研には皆様に本気で音楽に打ち込んでいただくための4つの特徴があります。       もう一度本気で音楽に打ち込める理由その1   トッププロによるレッスンが受けられるので、目から鱗のアドバイスがもらえる。   宮脇俊郎さん、山口和也さん、岩永真奈さん、神田リョウさんなどトッププロをゲストに招いたセッション会を定期的に開催しているので、他ではできないレッスン体験ができるようになっています。   トッププロからもらうアドバイスは、自分ではなかなか気づかないようなポイントばかり!一つ一つ実践していくと、プレイも劇的に良くなります。   一般的な音楽サークルの場合は…   ・会員同士でコピーライブへ向けた練習をすることがほとんど   ・楽しむことが最優先になっているので、上達は後回し…

コミュニティ (30)
2018年06月13日

岡聡志が教える「ギターでドレミだけを使って速弾きをする方法」

モダンなギター・テクニックを岡聡志によるレッスンでマスターしよう!2017年12月よりスタートしたMGL Modern Guitar Labで行われたオフ会レッスンの一部をお届け!  

34502225_1545885115533886_7356299678259871744_n
2018年06月08日

宮脇俊郎が教える『Cmaj7一発のアドリブ・テクニック』

ペンタのポジションは覚えたけど、一向にフレーズが増えない。いつもスケールをなぞるだけになってしまう。そんな悩みを宮脇俊郎のレッスンで解決しよう!2018年1月よりスタートした宮脇俊郎オンラインアドリブ塾で行われたレッスンの一部をお届け!  

ブログサムネ (16)
2018年05月23日

社会人の音楽活動に『ジャムセッション』が最適な5つの理由

社会人になってから、誰かと一緒に音楽を楽しんで上達する機会がなくなってしまった・・・とお感じの方へ   こんなことを実現してみたいと思いませんか?   ・学生ぶりにギターを再開して今では週末に音楽の予定がいっぱい。   ・バンドメンバーとの日程調整のストレスなしに、定期的に生バンドと演奏。   ・脱!ひきこもりミュージシャン。たくさんの音楽仲間とのアンサンブルを楽しむ。   ・淡々とコピーしていく音楽活動にセッションを取り入れ、より上達に繋がる活動に。   ・ギターや歌で一生かけて実現したい目標を持っている。   一つでも当てはまったら、ご自身の音楽活動にジャムセッションを取り入れることを是非ご検討ください。皆さんの音楽ライフがもっと楽しくなること間違いなし!     ❚この記事を書いている僕も社会人です       はじめまして!社会人ベーシストの西村正樹です。(写真はベースソロ中笑)私は普段は某IT系企業の会社員、週末はベーシストをやっています。今回の記事ではジャムセッションがなぜ僕たち社会人の音楽活動に向いているのか?ということについて書いていきたいと思います。僕自身もジャムセッションを音楽活動に取り入れるようになって、音楽ライフが激変しました。そういった経験談も交えつつ、皆さんにジャムセッションの魅力についてお伝えできたらと思います!   さて、僕はこれまでにジャムセッションに通い自身の音楽力向上に勤しむ傍ら、社会人ミュージシャン向けにレッスンやライブのサポート等をたくさんやってきました。そこで出会った社会人ミュージシャンのみなさんは共通して、以下の悩みを持っていました。     ❚社会人ミュージシャンがかかえる音楽活動の悩み     A.多くの社会人ミュージシャンは演奏の場がなく、「ひきこもりミュージシャン」になっている。   B.活発に活動している方の多くはバンド形式で「好きな曲のコピー」「オリジナル曲」をやっているが、スケジュール調整や練習ペース等、仕事との両立が負担となり、集まること自体が目的になってしまいレベルアップに繋がる活動ではなくなっている。   お仕事と音楽活動の両立って難しいですよね。私も会社員の側面を持っているので、と~~ってもよくわかります。そして、一人、また一人と楽器やマイクを置いていくかつての音楽仲間を見てきました。こちらの図をご覧ください。社会人で音楽を辞めてしまう人の一例を表しています。皆さんの周りにもこの図と重なる方がいるのではないでしょうか。     そんな中で継続的に上達していくことはもっと難しいですよね。でも、人生の中で一番長い社会人時代。音楽を楽しみ上達することを諦めたくないですよね?   私も社会人になってからというもの、皆さんと同じような悩みで音楽活動が停滞した時期がありました。でもジャムセッションとの出会いがあり、今では以前より週末に音楽の予定が入ることも多くなり、高いモチベーションをもって楽しくレベルアップできるようになりました。そこでふと思ったのが、ジャムセッションって社会人にとって最適な音楽活動の仕方なんじゃないか?ということでした。     ❚社会人の音楽活動にジャムセッションが最適な5つの理由     1.その場に集まったメンバーと好きな曲を演奏するので、メンバー調整のストレスがなく音楽活動ができる。   2.自分の可能なペースで練習し、参加できるので「やらなきゃいけない」というストレスがない。   3.コピーに比べると情報量が多く練習するポイントが多いので、常に目標を持った音楽活動ができる。   4.メンバーが集まれないことが原因で活動がストップすることがないので、長く安定して音楽活動が続けられる。   5.特定のバンドメンバーとの活動に比べ新しい出会いが多いので、常に新鮮な環境で音楽活動ができる。   このような理由で、ジャムセッションは社会人の音楽活動を「より気軽に」「より質の高い」ものにするにはピッタリの方法なんです!次はいよいよ、じゃあどうやってジャムセッションを始めたらいいの?という事について触れていきます。…