初心者におすすめ!!コードやフレーズを弾かず、どんな場所でも上達できるギター練習方法。

こんにちは。ライフベンドミュージックスクール、ギター科講師の副島俊樹です。

 

df9d144e4091d8bc1b97050ecd6dab2a_s

 

今回は、ギターの練習方法について新しい視点で考えていこうと思います。

初心者でも上級者の方でも、練習というのはやり始めるまでが一番難しいものです。

つまりめんどくさいということなのですが(笑)、この事について真剣に考えてみる必要はありそうです。

 

練習というものは、すぐに効果が出るものではなく長い間じっくり続けて気づいた時に「あの練習しててよかったな」というものです。

持続的に行うということが非常に大事なのです。

ところがいざ練習しよう!という時、こんなことを思ったことはありませんか?

 

◯めんどくさい

 

◯やる気が起きない

 

◯恥ずかしい

 

その気持ち・・・すごく分かります。

 

めんどくさい。そう思うのも無理はありません、練習は基礎的な内容になればなるほど地味なものです。

初心者であればあるほど練習は地味なものになり、やる気が起きないというところに繋がっていきます。

そして恥ずかしいというのは、家族や恋人の前でまだあまり弾けないギターを聞かせたくない・・・ということです。

聞かれたくない一心で小さい音で練習してしまい、小さな音量で弾く癖がついてしまいます。

初心者の時にこの癖がついてしまい、大きな音量で演奏できないという悩みを持つ生徒さんはかなりの数いらっしゃいます。

 

テレビを見ながら出来るように手軽で、人に聞かれても恥ずかしくない、かつ上達につながる練習方法はないのか?

日ごとのレッスンを通して、ある練習方法に行き着きました。それが

 


スナップ練習です。

 

難しいコードやフレーズは必要なく、音もミュートした状態なので小さいです。

そんな状態でも練習として成り立つのは、この練習が右手を強化することを目的としているからです!

皆さんコードやフレーズを押さえる左手ばかりに気を取られていませんか?

実際に弦を鳴らしている右手をスルーしたり、どう練習すれば良いか分からないことはありませんか?

そんな右手を1から鍛えていくのがスナップ練習です、

 

写真 2016-08-03 13 26 36

スナップ練習の最大の特徴は上下で弾き分けるということです。

なんとなくで良いので、[6,5弦チーム][2,1弦チーム]に分け、間の[4,3弦チーム]は避けていきます。

[4,3弦チーム]を避けるために、手首をひっくり返すような運動を使います。これがスナップです。

この練習によりスナップを使いながらストロークする癖をつけてしまいます。

スナップがあるとないでは、演奏の差は歴然です!

 

 

 

さらに詳しく知りたい方

まずはお気軽に無料体験よりお申し込みください♪
reserve_banner1

 

イベントの空き状況確認はこちらから
reserve_banner2

 

 

 

 

 

 

ライフベンドミュージックスクール

ギター・ウクレレ・DTM科:川口教室
〒332-0028 埼玉県川口市宮町4-27 NCKビル 505号室

ベース・ヴォーカル・ドラム・カホン・サックス・ジャズポピュラーピアノ科:赤羽教室
〒115-0045 東京都北区赤羽2丁目8−2、いさみやビル2F

電話番号 050-3551-3491

定休日 不定休

当スクールFacebookはこちら
http://bit.ly/1UN66g9