Takeda Ko-ichiが教える「ダブル・ストップ入門フレーズ」

コミュニティ

 

人気YouTuberギター講師、Takeda Ko-ichiのレッスンが受けられる『Ko-ichiサロン』のレッスンの一部を抜粋してお届けします。

 

 

 

 

今回は今話題のテクニックでもある「ダブル・ストップ」についてやっていきたいと思います!

 

まずダブル・ストップって何かって言うと、すごいその定義が曖昧で僕もいまいち分かってないんですよね。

 

まあザックリ言うとジミヘンやジョンメイヤーが使いそうなフレーズですね。

 

ダブル・ストップは結構ジャンル問わず使いやすいかなと思うんですよ。

 

例えばそれはよくあるのがソウルとかR&B、ブルースとかでも使えるし、当然ジャズとかポップスとかでも全然使えるものかなと思います。

 

 

┃Cで使えるダブル・ストップ

 

 

スクリーンショット 2020-08-16 7.11.38

 

ということでまずこちらの譜面をご覧ください。

 

これC(Ⅰ)って書いてますが、括弧の中が何度のコードなのかというのを意味しています。

 

1度のコード「C」ということですね。ここからブルースの3コード上にフレーズを発展させていくので。

 

まずは6弦ルートのFの形を8フレットまで平行移動させてください。そうすると6弦ルートのCを押さえることができます。

 

このCの中にトライアドを見ながらダブル・ストップを弾くのがコツです。Cメジャーのペンタトニックの音でもありますね。

 

譜面の3拍目が結構重要で、4度の音を弾いているんですね。いわゆるサス4という響きですね。ここだけトライアドに追加するイメージでいてください。

 

このダブル・ストップっていうのはトライアドというのが軸です!ここでもトライアドやコードトーンっていうのがやっぱり軸になってないと、コードに対して何か弾いても「なんか合わない」てなっちゃうと思うんですよ。

 

ペンタトニックとかで手癖で弾いちゃう人多いと思うんですけど、なんかコードによっては「あれ?なんか全然きれいなハーモニーになってないぞ」ってこと結構あると思うんで、今回はコードごとパターンをまとめてみました。

 

今やってんのがC、1度で使えるフレーズということになりますね。

 

 

┃Gで使えるダブル・ストップ

 

 

スクリーンショット 2020-08-16 7.11.42

 

 

次は5度のコードですね。キーCでいうとGっていうコードですね。

 

ここでは基本的にさっきCでやったことを、平行移動して使えばOKということになります。

 

さっきのCがこのまま3フレットのGの形にずれてきたという流れ。これでまた同じことを使ってあげればいいです。

 

 

┃Fで使えるダブル・ストップ…?

 

 

ここから少し深いところに入っていきたいと思います!頑張ってついてきてください(笑)。

 

今譜面で使っているキーがCということは、ダイアトニックから考えるとCとGの他にもう一つメジャーコードがあるんです。

 

CM7、Dm7、Em7、FM7G7、Am7、Bm7♭5

 

あれ?メジャーのコードが3つあるじゃないかと。

 

今CとGで同じパターンが使えるって言う話だったんですけど、「ということはFも同じ感じでいけるんじゃない?」という話になってきます。

 

 

スクリーンショット 2020-08-16 7.11.50

 

 

例えばFの場合だと低いポジションになってしまうので、1オクターブ高いポジションで考えるとこうなります。

 

Fでこれやっちゃだめなのかということなんですけど…そう…実はFじゃこれしんどいんです。

 

なんでかって言うと3拍目ですね。サス4って音。この音ってドレミん中に入ってないんですよ。

 

五線譜の方を見てもらうと分かりやすいんですけど、#がついていますよね。他のCやGのフレーズにはそういう音はなかった。

 

元々のスケールから外れてしまうので、Fでは使えないということになります。

 

 

 

 

一般公開はここまで。『Ko-ichiサロン』ではTakeda Ko-ichiによるギターレッスンを配信しています!

 

皆さんが更に音楽を楽しむきっかけになれば幸いです。

 

オンラインサロンTakeda Ko-ichi『Ko-ichiサロン』では、Takeda Ko-ichiによる月2回のレッスンが受けられます。更には、レッスン以外にも会員同士のコミュニケーションや雑談配信などもあり、充実した内容になっております。

 

現在60名以上が在籍中の『Ko-ichiサロン』で、Takeda Ko-ichiと一緒に楽しくギターを練習してみませんか?

 

今よりもっと上手くなりたいけど、きっかけがない、周りにレッスンを受ける環境がない!そんな方は是非参加をご検討ください。

 

6

今すぐ申し込む