Takeda Ko-ichiが教える「中指ルートのボイシング」でギタープレイの可能性を広げよう!

コミュニティ

 

人気YouTuberギター講師、Takeda Ko-ichiのレッスンが受けられる『Ko-ichiサロン』のレッスンの一部を抜粋してお届けします。

 

 

今回のレッスンではブルース進行を使ってバッキングについてお送りしたいと思います。

 

さて、まずは一緒に弾いてみましょうか!

 

 

┃中指ルートの重要性

 

 

スクリーンショット 2020-05-25 16.09.32

 

 

それぞれのコードを三音で押さえるスリーノートボイシングですね。

 

C7
中指でルートを押さえてください。

 

で次のF 7なんですけど、これ

 

F7
こちらも中指でルートを押さえください。

 

これ、結構運指が重要なので、しっかり意識してもらうといいと思います。

 

最初に押さえたC7からF7に行くときなんですけど、全部の指を離して押さえ直すというよりかは、くるっと回転させてあげる感じですね。

 

くるっと回転させる。

 

そう。ルート音以外の3弦と4弦に関しては1フレット下がってるだけなんです。で、ルートを押さえている中指が一つ下の弦に行ってる。こういう流れですね。

 

凄く楽にコードチェンジができます。

 

中指ルートで押さえてると、このようなコードチェンジのテクニックが使えます。

 

 

スクリーンショット 2020-05-25 16.11.09

 

 

例えば
Dm9からG7とかに行くときも同じく、中指をルートにしておくとコードチェンジが楽なんです。

 

中指基準でくるくる回転してコードチェンジをすることができるので、まずこのフォームをしっかり覚えてもらうっていうのが一つ大きな今回のポイントなのかなと思っています。

 

生徒さん「中指でルート押さえるようになって色々スムーズになった気がします。」

 

そうなんですよ。中指すごく重要で、実は4和音の、6弦ルートのコードってM7、m7th、7th、m7♭5、の中でM7以外は全部中指なんですね基本的には。

 

 

スクリーンショット 2020-05-25 16.12.40

 

 

場合によって切り替えますが、基本的には中指でやるとスムーズなコードチェンジが出来るはずです。

 

★ここがポイント!
中指ルートでの押さえ方を覚えた方があとあとコードチェンジに差が出る!

 

一般公開はここまで。『Ko-ichiサロン』ではTakeda Ko-ichiによるギターレッスンを配信しています!

 

皆さんが更に音楽を楽しむきっかけになれば幸いです。

 

オンラインサロンTakeda Ko-ichi『Ko-ichiサロン』では、Takeda Ko-ichiによる月2回のレッスンが受けられます。更には、レッスン以外にも会員同士のコミュニケーションや雑談配信などもあり、充実した内容になっております。

 

現在60名以上が在籍中の『Ko-ichiサロン』で、Takeda Ko-ichiと一緒に楽しくギターを練習してみませんか?

 

今よりもっと上手くなりたいけど、きっかけがない、周りにレッスンを受ける環境がない!そんな方は是非参加をご検討ください。

 

6

今すぐ申し込む