Takeda Ko-ichiが教える「アドリブでトライアドを活かす方法」|Ko-ichiサロン会報

コミュニティ

 

人気YouTuberギター講師、Takeda Ko-ichiのレッスンが受けられる『Ko-ichiサロン』のレッスンの一部を抜粋してお届けします。

 

 

┃覚えても実演に活かせないトライアド

 

 

皆さんトライアドって一度は覚えようとしたことがあるんじゃないですか?アドリブでコードに沿ったプレイをしたければ、まずはトライアドだ!みたいな。でもトライアドって覚えただけでは演奏に活かすって難しいんですよね。そこで、今回はトライアドの活用方法について解説していきます。

 

覚えた知識(今回はトライアド)を演奏に活かしたいなら、大切なことはとにかくフレーズを作ることです。フレーズを作ることってめっちゃ大事なんですよ。アドリブをしたいとかソロを弾けるようになりたい、まあバッキングにおいてもそうですね。

 

アドリブを弾く前に、まずはフレーズを作れないといけないんです。フレーズが作れないのにアドリブ取ってる人っていうのは、言ってしまえばあんまり考えずに指だけで弾いちゃってる状態に近いです。とりあえず覚えたポジションをなぞって弾いてるっていう形になっちゃうんですよね。皆さん心当たりありませんか?

 

 

┃トライアドでフレーズを作る

 

 

というわけでトライアドを覚えたら、次にフレーズを作りたいんです。じゃあどうやってフレーズを作るのという話なんですが、よく使える組み合わせ方というのがあります。公式みたいなものですね。トライアドやスケールがあって、組み合わせの公式があって、最終的にフレーズになるという感じなんですけど、これが一つの公式ですね。

 

スクリーンショット 2020-04-17 9.35.21

 

この譜面は、小さなものをとりあえず連結させるという公式なんです。一小節目はシンプルにトライアドを2オクターブで連結させてる。4弦の7フレットに向かう際にスライドを入れてもいいですね。

 

今回は入門編なので、ベーシックな感じです。連結という方法は、できるだけシンプルなものを連結させて派手にしていくという考えで行います。

 

スクリーンショット 2020-04-17 9.41.54

 

シンプルに派手にしたのがこちらの譜面です。一つ目のメジャートライアドの連結にこれ9thって音が入るんです。一つ足すっていう感じです。9thの音はTABで()で表記しているので、5弦の2フレットと3弦の4フレットですね。これが9thって音なんですよ。何言ってるか分かんない方は、とりあえずこの形をそのまま弾くというところからスタートしてみてください。

 

生徒「連結大事ですね。」

 

そう。連結はめちゃくちゃ大事。連結しても、まだまだ地味なフレーズであることは確かなんですが、後々覚えたトライアドが、アッパーストラクチャートライアドなんかで化けて、絶対役にたつ時が来ますよ!

 

生徒「トライアドは基本は繰り返して丸暗記ですか?度数はしっかり覚えた方がよいでしょうか。」

 

まあ基本的には丸暗記っちゃ丸暗記なんですけど、一番にいいのは、作ったフレーズを通してどこにどの度数があるか覚えていくことですね。『Aの3度はココとココ』とか『Eの5度はココとココ』ってパッと見えるようになるような領域に行ければ、一番いいですよねやっぱり。ブルースとかやってる人だったら、Eの3度とかはパッて出てくる人多いと思うんですけど、まずはそういうところから見れるようにしていくといいかもしれません。

 

★ここがポイント!
トライアドは連結してフレーズにする。丸暗記ではなくフレーズを通して覚えていく!

 

一般公開はここまで。『Ko-ichiサロン』ではTakeda Ko-ichiによるギターレッスンを配信しています!

 

皆さんが更に音楽を楽しむきっかけになれば幸いです。

 

オンラインサロンTakeda Ko-ichi『Ko-ichiサロン』では、Takeda Ko-ichiによる月2回のレッスンが受けられます。更には、レッスン以外にも会員同士のコミュニケーションや雑談配信などもあり、充実した内容になっております。

 

現在60名以上が在籍中の『Ko-ichiサロン』で、Takeda Ko-ichiと一緒に楽しくギターを練習してみませんか?

 

今よりもっと上手くなりたいけど、きっかけがない、周りにレッスンを受ける環境がない!そんな方は是非参加をご検討ください。

 

6

今すぐ申し込む