有賀教平が教えるリハモの楽しさ!Isn’t She Lovelyを切なくアレンジ|アリガラボ会報

36

有賀教平のレッスンが受けられる月2回受けられるオンライン・ギターサロン『アリガラボ』のレッスンの一部を抜粋してお届けします。


43247003-23FF-455C-900B-EF4B28DF200B

 

 

┃リハモの楽しさ

 

 

生徒 「切ない感じですねー!」

 

有賀 そうですよね!楽しげな原曲からは想像できない雰囲気になりますよね。そう、ここなんですよ。リハモの楽しさっていうのが。

 

それこそシンガーによって原曲の楽しげなIsn’t She Lovelyが合う人もいるし、むしろリハモした切ないIsn’t She Lovelyが合う人だっている。「今回はあのシンガーさんに声かけてみようかな」なんても起こってくるので、人選にも関わってくるおもしろさがあるんですよ。

 

(模範演奏)

 

2小節目をご覧ください。曲のキー的には本来AM7(4度M7)に行くべきですけど、あえて4度マイナー6とかも合います。

 

(模範演奏)

 

4度m6すごい合いますよね。なんで4度メジャーセブンスだったのに4度のマイナー使えるの?メロディ変えなくていいの?って話なんですけど、このタイミングってメロディはずっとEの音なんですね。Eの音はAM7にはもちろん、Am6にも含まれるんですね。だから大丈夫という理屈です。

 

Am6をさらに深掘りしていくと、Am6のルート音をDにした場合、D9というコードとほぼ一緒になります。Am6の音からルートを変えるとD9と。D9に入れられるテンションでいうと#11thっていうのも入れることができるんです。

 

ここまでくると、もはやAm6って捉えるんではなくてD9 on A みたいな、5度ベースのコードとして捉えて、ルートはあくまでもDで#11thから5thに行ってまた#11thっていう流れが原曲のメロディとも一致する。このように、全然理論的には間違ったことはしてないっていう風になるんです。

 

生徒 ベースが8分でルートを刻むAメロが浮かびました!

 

有賀 ありがとうございます。元々のアレンジだとそんな想像できないですからね。どんどんそうやってイメージを沸かすっていうの大事ですよね。

 

★ここがポイント!
リハモはアレンジ。メロディがコードトーン内に収まっていることを確認して、思い切って変化を付けてみよう。ⅣM7→Ⅳm6はおすすめ。

一般公開はここまで。

有賀教平によるレッスンはいかがでしたでしょうか。

オンラインサロン『アリガラボ』では、有賀教平による月2回のレッスンが受けられます。さらに、コミュニティ限定の音源資料やフレーズ伝授も多数あり、お洒落なギターをマスターしたい人にとってはうってつけの内容となっています。皆さんが更に音楽を楽しむきっかけになれば幸いです。

現在40名以上が在籍中のアリガラボで、有賀教平と一緒に楽しく練習してみませんか?

今よりもっと上手くなりたいけど、きっかけがない、周りにレッスンを受ける環境がない!そんな方は是非参加をご検討ください。

コミュニティ (66)

今すぐ申し込む