ハネた16分ビートでの指弾きバッキング【譜面あり】|アリガラボ会報9月号

36

 

有賀教平のレッスンが受けられる月2回受けられるオンライン・ギターサロン『アリガラボ』のレッスンの一部を抜粋してお届けします。

 

 

┃16分ビートのイーブンとシャッフル

 

 

思ったフレーズをパッと弾ける人の共通点として、弾きたいフレーズとギターのポシジョンが頭の中でリンクしていることが特徴としてあるんじゃないかなと思っています。

 

生徒「16分のイーブンとハネの弾き分けが苦手です…」

 

有賀「ですよね〜これ、実際やってみても難しいんですよね。というのも、多分多くの方が、やってくうちにどっちかのパターンにつられてしまうんですね。普段からシャッフル、跳ねる癖がある人だったらもうイーブンが跳ねてしまったりとかっていう。

 

逆のも然りで、普段イーブンに弾く癖がある人はシャッフルが苦手だったりしますね。16分のイーブンとハネ弾き分けがなかなか難しいですよね。

 

渾然一体になってしまうっていうか。でも、これ本当はどっちもできた方がいいんですね。どっちのビートもはっきり出せますから!

 

是非普段の練習に取り入れていただきたいと思います。

 

ここがポイント
16分の練習はハネとイーブン両方やろう!

 

 

┃フィンガーピッキングによる16分バッキング術

 

 

アリガラボ会報9月号#1

 

皆さんお待ちかねのハネた16分ビートでの指弾きバッキングの解説をしていきますね!

 

まず最初は、右手の親・人・中・薬指を使いジャランって一拍伸ばしてください。

 

ジャラン ツッカツ。2拍目はゴーストが3つですね。

 

(模範演奏)

 

2拍目頭は爪を弦に押し当てるようにしてアクセントを作ります。次は、親指以外の3本指で、左手はミュート状態で引っ掻く。最後に、親指で1音。

 

こうやることによって、ゴーストの音にも音の高低差をつける事ができます。コンガを叩いてるみたいな雰囲気になるので結構気持ちいいですよね。2拍目頭のカツッて言うアクセントは、指の痛くないところで少し強めに叩いてあげるといい音が出ます。スネアみたいな感じですね!

 

ここがポイント
ゴーストノートに音程差をつけることで、まるでコンガのようなフィーリングに!

 

 

一般公開はここまで。

 

有賀教平によるレッスンはいかがでしたでしょうか。

 

オンラインサロン『アリガラボ』では、有賀教平による月2回のレッスンが受けられます。さらに、コミュニティ限定の音源資料やフレーズ伝授も多数あり、お洒落なギターをマスターしたい人にとってはうってつけの内容となっています。皆さんが更に音楽を楽しむきっかけになれば幸いです。

 

現在40名以上が在籍中のアリガラボで、有賀教平と一緒に楽しく練習してみませんか?

 

今よりもっと上手くなりたいけど、きっかけがない、周りにレッスンを受ける環境がない!そんな方は是非参加をご検討ください。

 

コミュニティ (66)

今すぐ申し込む