有賀教平が教えるNeo-Soulギターの象徴「複音フレーズ」をかっこ良く弾くコツ|アリガラボ会報11月号

36

有賀教平のレッスンが受けられる月2回受けられるオンライン・ギターサロン『アリガラボ』のレッスンの一部を抜粋してお届けします。

┃Neo-Soulの象徴的フレーズ

 

 

複音フレーズ、ダブルストップとかって言ったりしますけども、いわゆるNeo-Soulで象徴とされる奏法かもしれないですね。

 

アリガラボ会報11月号図1

 

4度インターバル+半音スライドが入るっていうパターンですね。

 

赤い部分:4度インターバル
青い部分:半音スライド

 

これどうやってやってるかって言うと、6弦ルートのAmのペンタのポジションですね。4弦と3弦の5フレット、これを人差し指でセーハーしてあげます。複音で弾いてあげる。

 

次は3、4弦の7フレットです。これ、使う指は結構好みが分かれると思うので、僕はあえて指定はしません。ハンマリングで7フレットまでいったら、その状態でピッキングせずに8フレットにスライドアップしてすぐ7フレット→5フレットと戻ってくる。

 

小指がやりやすかったら小指でもいいですし、人差し指のスライドで全てまかなっても良いと思います。好みでやっていただいて大丈夫です!

 

複音でのスライドって結構難しいんですよ。実はコツがありまして…スライドしている時にネック裏に親指の位置を固定するという事です。これで複音でのスライドは結構やりやすくなると思います。

 

5フレットの裏にキープしてる状態ですね。親指が一緒に動かないようにしてあげる。ここが支点となってここまで伸ばした状態からちょっとバネが伸びて戻ってくるみたいなイメージでやると位置の把握がしやすいです。

 

手が小さい方はひょっとすると弾きにくいかもしれないのですが、基本的にはこういう風にやった方がこういったスライドはやりやすいです。

 

 

┃質問コーナー

 

 

大丈夫そうでしょうか。ご質問等あれば受け付けます!

 

生徒「慌てて弦の滑り剤をつけましたw」

 

私も今ちょうど同じことをしてました。そうですね。フィンガーイーズはあった方がいいかもしれないですね。エリクサーの方とかは結構スルッとやりやすいかもしれないですね!

 

生徒「全部人差し指でやった場合のメリットを教えていただけますか」

 

ズバリ…動画映えですかね!

 

ちょっと派手に動いてる感がある、それだけですかね(笑)。大半の人は、人差し指と薬指セーハーのほうがやりやすいと思います。黒人の人とか大げさにフィンガリングしたりすることは多いので、もしかしたらその影響でそうやってるのかもしれないです。

 

7フレットにハンマリングするのかスライドするのかで若干ニュアンスも変わったりするので、そこの違いを出すために使い分けたりもしますね。早いフレーズなんでそこまでがっつり聴いてる人いないかもしれないですけど、まあ見た目重視の部分が8割かなと言ったところです!

 

★ここがポイント!
複音フレーズでのスライドは高難易度。基本は人差し指と薬指セーハー。スライド時には親指の位置を固定しよう!

一般公開はここまで。

有賀教平によるレッスンはいかがでしたでしょうか。

オンラインサロン『アリガラボ』では、有賀教平による月2回のレッスンが受けられます。さらに、コミュニティ限定の音源資料やフレーズ伝授も多数あり、お洒落なギターをマスターしたい人にとってはうってつけの内容となっています。皆さんが更に音楽を楽しむきっかけになれば幸いです。

現在40名以上が在籍中のアリガラボで、有賀教平と一緒に楽しく練習してみませんか?

今よりもっと上手くなりたいけど、きっかけがない、周りにレッスンを受ける環境がない!そんな方は是非参加をご検討ください。

コミュニティ (66)

今すぐ申し込む