ジャムセッションに初めて行く時に意識するべき3つのポイント

Snapshot_72

 

 

皆さんこんにちは!ライフベンドミュージックスクール、ギター講師のソエジマトシキです。

 

このブログをご覧の方の多くは「いつかはセッションに行ってギターを弾く」という目標をお持ちかと思います。

 

日頃の練習はの機会を披露する場所としてセッションは打ってつけですが、最初どのセッションから行けばいいのか全く分からいとお感じの方も多いですよね…。

 

今回の記事では初心者が初めてセッションに行く時、意識するべき3つのポイントをご紹介します!

 

 

目次

 

 

1.初心者歓迎は信じるな

2.知り合いのセッションがベスト

3.ミュージシャンズセッションと社会人セッションは別物

4.おわりに

 

 

1.初心者歓迎は信じるな

 

 

いきなり衝撃的な内容ですが、事実です。

 

 

初心者歓迎は社交辞令のようなもの

 

 

セッションはプロからアマチュアまで、色んな人が開催しています。多くのホストは、自分と同じ音楽レベルの人と自由にセッションすることを目的にセッションを開催しています。

 

にもかかわらず、HPに情報を載せる際、ついつい書いちゃうんです。上級者から初心者まで大歓迎!と…。

 

 

初心者に特化したセッションを選ぼう

 

 

初心者の方にフォーカスして、セッションデビューの成功体験を与える運営はかなり難しいです。全てのホストがそのノウハウを持っている訳ではありません。

 

初心者セッション、ビギナーセッション、はじめてセッション、こういったネーミングのセッションを選ぶと良いかもしれません♪

 

 

2.知り合いのセッションがベスト

 

 

シンプルに知り合いがいた方が気が楽になるからです。

 

 

知り合いのセッションに見学参加から

 

 

セッションへの恐怖心は知らないものへの恐怖と言っていいでしょう。まずは見学で、セッションがどんな場所でどんな人がいるか体験してみるだけでも、その後の行きやすさが全然変わってくると思います。

 

 

 

 

3.ミュージシャンズセッションと社会人セッションは別物

 

 

「ミュージシャンの内輪ノリに馴染めなかった…」こんな声を良く聞きます。多くの場合、ミュージシャンの社交場セッションに知らずに入ってしまった方の感想だと思います。

 

ホストが全員プロミュージシャンという場合、ミュージシャン同士が交流し、次の仕事に繋がる出会いを求めて集まる場所と認識しておいた方が良いでしょう。

 

ですので、そういったセッションに行く際には、プロの世界をのぞいてみよう!くらいの気持ちでいた方が良いかもしれません。

 

社会人の方が社会人のために開催しているセッションもあります。安心して楽しみたい場合社会人セッションに行く方が良いでしょう。

 

 

おわりに

 

 

はじめてのセッション、どこに行けば良いのか分かりませんよね…。そんな時、この記事の事を参考にしていただければと思います。

 

=============

作者:ソエジマトシキ

【ベンチャー音楽家】 【セッションでみんなの音楽ライフを面白くする情報を発信します!】ライフベンドミュージックスクール代表。#本気の仲間と楽しく上達する社会人サークル『ジャム研』部長。1月1日生/佐賀出身/27歳

副島俊樹@toshiki_soejimaをフォローする

=============

 

ブログサムネ2 (1)

LINE@に無料登録する

 

 

関連記事

 

 

ジャムセッションをはじめるなら超初心者JAMがおすすめ。100名以上がセッションデビューできた5つの理由。

セッションでどんなアンプでも良い音が出せるギターの音作り方法