マーシャルJCM-2000でオシャレな音作りをする4つのコツ

ブログサムネ (23)

 

onギターAさん

スタジオにTwin-Reverbとマーシャルあるけど、お前どっち使う?

 

onギターBさん

えっと・・・Twin-Reverb で(申し訳なさそうに)

 

onギターAさん

オ・・・オッケー!じゃあ俺マーシャル使うね・・・(不安そうに)

 

みなさん、リハーサルスタジオやライブハウスでこのようなやりとりをしたことはありませんか?僕は幾度となくあります(笑)

 

改めましてこんにちは!ライフベンドミュージックスクール代表のソエジマトシキです。

 

マーシャルの音作り、うまくいってますか?スタジオに確実にあるマーシャルアンプ、最近はJCM-2000のほうが900より多いですよね。定番なんだけど、意外と音作りムズいんですよね~。

今回の記事では最近Twitterで多くの反響をいただきましたコチラの動画に沿って、マーシャルのJCM-2000でおしゃれで甘い音を出すコツをご紹介します!

 

 

右手の力、抜けてますか?

 

 

クリーントーンでオシャレなソロを弾きたい!と思っても、音色をクリーンに切り替えただけではなかなかPaul Jackson jrのような雰囲気は出ません。

 

オシャレで甘い音を出すためには、右手の脱力がなによりも重要です。

 

まずはアンプのセッティングもギターのボリューム等もそのままに、右手の力を抜いていきましょう。すると、先ほどより少しだけエッジが取れて音が丸い印象になっていくのが分かるかと思います。トレブリーなセッティングでも、よく聞けば違いが分かると思いますよ♪

 

右手の脱力が大事だよという記事はこちら↓↓

セッションでどんなアンプでも良い音が出せるギターの音作り方法

 

 

まさか、ギターのボリューム10じゃないですよね…?

 

 

guitar-2308364_1920

 

もしボリュームがマックスなら今すぐ絞りましょう!どれくらい絞るか、お使いのギターにもよりますが、僕の場合シングルコイルのフロントPUで6、フロントハムで4.5くらいまで絞ります。

 

右手のタッチは弱いままですので、音量がかなり小さくなったと思います。不足した音量分はアンプのボリュームを上げて補います。先ほどと同じ音量まで戻してみると…あれ!?なんかさっきより丸い!?

 

 

続いてギターのトーンを絞りましょう

 

 

普段トーンノブに触ることがないという方は、これを機に触る習慣をつけましょう。右手のタッチを弱くして、ギターのボリュームを絞った時点で、最初よりかなり音が丸くなってきたと思いますが、さらに甘いトーンにするべくトーンを半分くらいまで絞ります。

 

初めはキンキンだったマーシャルJCM-2000の出音も、トーンを絞るころにはほんとにマーシャル?という雰囲気になってきたはず。

 

 

いよいよアンプの設定です

 

 

ここまでやって、ようやくアンプの設定をいじりはじめます。よくギターのトーンは右手が命!と言いますが、ほんとにその通りなんですね。アンプの設定はでは僕の場合このようになることが多いです。

 

Presence 2

Treble 3

Midle 7

Bass 6

Volume 適宜

Gain 5

 

マーシャルの場合、Trebleはかなりカットします。Presenceはどの帯域にもかかる明るさ調整みたいなものなので、好みで良いと思います。

 

あと、なかなか気づきにくいポイントなんですが、質の良いクリーントーンを作るためにはゲインが必要不可欠です。なので僕はゲインを半分くらいは上げています。

 

ゲイン0でつくるクリーントーンって音に余力がないというか、パツンパツン感があるんですよね。すごい馬力のエンジンを一部だけ使うとたとえてツイートもしています。参考にしてみてください!

 

まとめ

 

 

マーシャルJCM-2000で甘くてオシャレな音を出すには、下記の4stepで参りましょう。

 

1.右手の力を抜く

2.ギターのボリュームを5~7まで絞る

3.トーンを5~7まで絞る

4.Treble Presenceをカット、Gainはある程度残し、不足した音量分だけVolumeを上げる

 

今度スタジオ入った時、相方ギターさんに華麗にFender系を譲り渡し、マーシャルで甘~い音を出してみてくださいね!

 

レッスンが気になる!という方向けに、全6回の無料メルマガレッスンをご用意しましたので、是非ご登録ください!

 

✅無料のメルマガレッスン

 

全6回の無料レッスンでペンタをなんとなく上下するだけのアドリブを劇的に変えることが出来ます。

 

今なら定番アンプ音作り表付き!!

 

登録はこちら↓↓
http://lifebendmusicschool.com/mail-lesson/

4

 

=============

作者:ソエジマトシキ

ギタリスト+音楽教室経営【ベンチャー音楽家】1992年生まれ/佐賀出身/AB型。セッションに行きたい、音楽でメシを食いたい人たちの味方🎸音楽で食えな過ぎて2016年スクール立ち上げ→2018年生徒数250名突破。音楽がもっと楽しくなる情報を発信しています

=============

ソエジマトシキの~

・Twitter

http://ur0.work/UOgl

・YouTube

http://u0u1.net/OLfr

・レッスン詳細

http://ur0.work/vmoN

 

 

関連記事

 

 

プロが教えるジャムセッションでボーカル曲を上手くバッキングするためのコツ

セッションでどんなアンプでも良い音が出せるギターの音作り方法