宮脇俊郎が教える『Cmaj7一発のアドリブ・テクニック』

ペンタのポジションは覚えたけど、一向にフレーズが増えない。いつもスケールをなぞるだけになってしまう。そんな悩みを宮脇俊郎のレッスンで解決しよう!2018年1月よりスタートした宮脇俊郎オンラインアドリブ塾で行われたレッスンの一部をお届け!

 

 

Screenshot_20180422-105516

 

宮脇:

じゃあ、(今回も)そろそろ行きたいと思いますね!音声は皆さん聞こえておりますでしょうか。聞こえていたらなんかOKですとかいただけたら、幸いです。大丈夫かな?はい、大丈夫ですね!それでは開始したいと思います。

 

生徒:

よろしくお願いします!

 

 

コードは単音の集合体

 

 

宮脇:

で、前回までの内容はコード進行ですね。そもそもコードって…。例えば、Cだったらドミソ。Fだったら、ファラド。Gだったら、ソシレ。Amだったら、ラドミ。Dmだったらどうですか?はい、そうですねレファラ。Emだったら?ミソシ。ですね。

 

34366301_1546632688792462_2851923679716048896_n

 

宮脇:

つまりコードというのは、単音の集合体である…と。ちゃんとバラけて捉えることが出来れば、単音によるソロを弾いてもちゃんとコードに沿う合ったソロになると。その美味しいポイントが、コードに対して3度の音だと。前回はその辺をやりましたね。

 

 

maj7一発でアドリブ

 

 

前回まではコード進行というのが絡んできていて、ついていけない人がいたと思います。なので、今回はちょっと立ち止まって考えてみましょう!それがまた、ジャムセッションに参加する時に役立ったりしますね。

 

まず、ちょっと簡単な例からやっていってきましょう。はい、Cmaj7。(ジャ~ンと鳴らす)皆さん弾いてみてください!

 

宮脇:

これ一発でソロを弾けと言われたら、どうしたらいいのか?今回は、まずこれをやってみたいと思います。コード一発ものというは、実はけっこう難しいです。

 

コードが流されていき変化がない。つまり、コード進行にストーリーがないという…。なので、ストーリー感をソロの人が作っていかないと、なんだかつまらない、立ち止まっただけの変化がないものになってしまうと。

 

コードが一発で伴奏が楽っていうのは、裏を返すと、もう本当に上手くないと1分以上聴けたもんじゃないぐらいに飽き飽きしたものになってしまうのですね。そこで、Cmaj7一発の場合に演奏できるようなソロを、まず考えてみたいと思います。

 

このCmaj7が一発あった時、みなさんはどんなスケールを弾きますか?いざセッションの場面になってCmaj7一発で!と言われた時、恐らくメジャーペンタとしてAマイナーペンタを弾く方は多いのではないでしょうか。そういう方いますか?

 

生徒:

はい!Aマイナーペンタを弾くと思います。

 

宮脇:

はい、ありがとうございます!一応、Aマイナーペンタでソロ弾いてみますね。

 

無題

 

宮脇:

はい。これ…僕はあまりイケてない例を示しました。というのも、そもそもCmaj7はどんな響きの和音か?と考えます。個人的感想を言わせてもらいますと、少なくとも「第二次性徴期」を経たくらいの感じ。男子更衣室も女子更衣室も、もう別々…みたいな。笑 それは何故かというと、ずばり構成音です。「ドミソシ」ですね。「maj7」という音が深く関わっています。

 

普通のCはこうです。(Cのローコードをじゃーんと弾く)これ意外に落ちつきようがない感じです。ところがCmaj7は、こうエレガントな音が入っています。エレガントの正体はmaj7という音なんですね。で、ヨナ抜き音階のメジャーペンタで弾くとですね、四番目の音がないのは宜しいとして、問題は七番目の音にあたる、maj7の音の代わりに「ド」っていうCの音がくる訳ですね。

 

34536318_1546632708792460_4892732640869744640_n

 

この音が手癖だと、特にAマイナーペンタの場合によく弾く音になります。しかもこの音、AブルースみたいになりCの音にクォーターチョーキングまでしてしまう状況がよくあります。Cというのはルート音ですし、コードで弾いてる時はmaj7を弾いてるのに、何故ソロではCの音を弾いているの!?という問題になってしまうんですね。

 

で、ソロを弾く人は一番目立ってますからドーッ!(C)って弾くと、後ろで鳴ってるmaj7が消えちゃうんですね。ここで考えるのは、ソロっていうのはそんなに低い音域で弾かないだろと。高い音域だろと。「ド」っていうのはbassが弾いてるんだから、少なくともギターが「ド」と弾いた瞬間にベーシストとのハーモニーがなくなる。じゃあ「ド」より「シ」の方がいいんじゃないか?と思うわけですね。

 

 

Cmaj7一発で使えるスケールは?

 

 

みなさん試しに、Aマイナーペンタのなかの「ド」を「シ」に変えて弾いてみてもらませんか?何度も弾いてくると、どこかで見たことあるようなフォームになってきませんか?・・・おやおや?これは、Emペンタそのものではないか!

 

34605192_1546632712125793_6377119311697281024_n

 

宮脇:

というわけで、現実的手法。Cmaj7一発でソロを弾こうと言われたら、Aマイナ(Cメジャー)ーペンタではなくEmペンタで弾くようにすると、もうどんな音を出したってOKだよ!ということになる訳です。で、それがなんでEマイナーペンタ?つまりCmaj7というのは何なのか?というと、ドミソシはド分のミソシ。(初めの図を参照してください☆)

 

実際に弾いてるみるとEmペンタだけに、Eという音とか、Gの音に落ち着こうとするんですね。Eの音はCmaj7にとって3rd。Gの音はCmaj7にとって5th。つまり、何も考えなくてOK!ということになりますね。ここまでが、Cmaj7上での1つの代表的なアプローチです

============

今回は2018年1月よりスタートした宮脇俊郎によるオンラインアドリブ塾で行われたレッスンの一部をお届けしました。アドリブ塾になると、さらに上達に役立つレクチャーが受けれたり、宮脇俊郎に直接質問することができます。

 

今よりもっと上手くなりたいけど、きっかけがない、周りにレッスンを受ける環境がない、宮脇俊郎のギターに憧れる!そんな方は是非アドリブ塾への参加をご検討ください。

 

さらなるアドリブでの引き出しをアドリブ塾で学ぶ

コミュニティ
今すぐ参加する詳細を見る

 

=============

作者:れんれん

バンドサウンドを体感してたのしむカラオケバーを管理しながら、制作プロで文字を書いてるギタリストです。「音と言葉に埋もれる」と「一歩先の未知を感じるコンテクストデザイン」が日々の目標。気になったらまずやるDIY主義。夢はエンジェル投資。作る・広める・考える的なツイートします。

れんれんです@Rnmtsuをフォローする

=============