セッションでどんなアンプでも良い音が出せるギターの音作り方法

音作りが上手くいかなかった…

dog-72333_640

 

セッションでそう言いつつ、肩を落としてステージを降りるギタリストを何人も見てきました。もちろん僕も、何度も音作りに悩まされ納得のいかないプレイをすることがありました。そんな時は決まって、自分のギターが悪いのかな?とか、この歪みエフェクターはイマイチだなとか、このギターは買ったばかりで上手くセッティングできてないとか、つい他に原因を探してしまうのですが…。断言します!音作りが上手くいかない原因はあなた自身にあります!!

 

今回の記事では、見たことないトランジスタのリバーヴが壊れたアンプで、仕事帰り手ぶらのためお店備え付けギター&アン直という、ギタリストが今にも逃げ出したくなる状況を想定して、音作りについてレクチャーしていきます。

 

僕も以前、そんな状況では泣きたくなるようなプレイをしていましたが、同時に同じ状態で良い音を出すギタリストも見てきました。そんなスーパープレイヤーたちの良いところを真似して、今ではどんな状況でも自分の音が出せるようになりました。それでは行ってみましょう♪

 

 

❚ギターのペシッ音を出さないようにする

 

 

lead-guitarist-215002_640

 

音作りの前に、生音でギターを弾いてみましょうか。生音でギターを強くピッキングしてみると、ドとかミとか音そのものの部分と、ペシッというアタッキーな成分に別れていることが分かると思います。この、ペシッという成分が実に厄介。真空管アンプではギター特有の気持ち良いアタック音になりますが、トランジスタで特に小さいアンプの場合ピーキーな音になってしまう原因になります。

 

僕がセッションで上手くいかなかった時の音作りを思い返してみると、モワモワして終始聞こえなかったというよりは、キンキンペシペシとピーキーな音になってしまった、またハイが出すぎた、という事が多かったように思います。

 

今度は生音でギターを弱く弾いてみてください。ペシッという音がなくなってきましたよね。この感覚を忘れないままアンプに繋いでください。

 

 

❚弱いピッキングでも十分に聞こえるボリュームにする

 

 

mixing-desk-351478_1920

 

いよいよアンプに繋いで音作りです。さきほど触れたような弱いタッチを意識してアンプに繋ぎました。まずはボリュームをセッティングしたいのですが、アン直なのでクリーンのままソロを取らなければいけません。足元にブースターもないため、はじめからソロがとれる音量にセッティングしてください。EQはフラットで良いでしょう

 

結構大きな音になりましたよね。さて、このままバッキングするわけにはいきません。ギターのボリュームを絞りましょう。おっと、ギターのボリュームを絞ったからと言って、強く弾いてはいけませんよ。あくまで弱いピッキングで弾くということを心がけてください。

 

□少し大きなボリュームにセッティングして、ピッキングのタッチを弱くして他パートと音量を揃える

 

曲が盛り上がるにつれ、少しずつギター側のボリュームを上げていくと良いでしょう。また、ソロの時にもはじめはピッキングを抑えて、盛り上がるにつれどんどんタッチを強くしていきましょう。ピッキングとボリュームを上げることがブースターの役割を果たすと考えておくと良いでしょう。

 

 

❚ピッキングをコントロールして甘い音を出そう

 

 

今回ご説明した通り、トランジスタや慣れないアンプで良い音を作るコツは右手のピッキングにあると言えます。アンプのピーキーな部分を避け、甘い音が出るポイントをメインで使っていくイメージですね。

 

ギターのアタック部分が聞こえるほど、音は体感的に近くなりリバーヴ無しでは浮いて聞こえます。張り付いたような音ですね。フレーズの大切なところだけアタックを加えて、他はピークを避けましょう。

 

□家でやるばかりでは分からない!という時は?

 

今回紹介した音作りは、大きな音を出せる環境で実践した方が良いので、ぜひ実際のセッションでプレイしてみましょう。とはいえ、いきなり本番というのも気が弾けるものですよね。そこで、当スクールが主催する超初心者に特化したジャムセッションで音作りを試してみてはいかがでしょうか。

 

超初心者JAMでは課題曲を2曲に絞り、セッションデビューをコンセプトにワークショップを行っています。参加者のほとんどが皆さんと同じセッション初心者の方ですので、間違えても安心です。また同じ曲に何度もトライすることができるので、毎回音作りを試行錯誤してみることもできます。新しい音作りを試してみたいという方は是非参加をご検討ください♪

 

初心者に特化したセッションで音作りを実践してみる!

bannar

 

無料のメルマガ・レッスンもあります!

メルマガ

 

=============

作者:副島俊樹

【ベンチャー音楽家】 【セッションでみんなの音楽ライフを面白くする情報を発信します!】ライフベンドミュージックスクール代表。#本気の仲間と楽しく上達する社会人サークル『ジャム研』部長。そえじま/1月1日生/佐賀出身/26歳

副島俊樹@toshiki_soejimaをフォローする

=============

 

 

関連記事

 

 

セッションやバンドで絶対に埋もれないギターの音作り方法