Q.初心者が購入すべきギターの値段は? A.2,000円からいけます

購入予算がわからない

 

coins-948603_640 (1)

 

こんにちは。ライフベンドミュージックスクール、ギター科講師の副島俊樹(そえじま としき)です。

 

今回の記事では、“ギターを始めるのにかかる費用”について徹底的に分析していきたいと思います。

 

費用やコスト、出費という言葉は耳に痛いものですよね。ギター本体を買う以外にも、維持費やレッスン代、弦などの消耗品など様々な費用がかかってきます。

 

そしてもちろん、それらを上手に節約する方法だってあります。ギター本体の購入費以外まで含めた予算を把握出来たら、より快適にミュージックライフをスタートすることが出来るはずです。

 

a0b5684475d85277253f3528e59ee0cb_s-300x200
具体的にいくらお金が必要かという話題に移る前に、一つだけ前提としておきたいことがあります。

 

それは、“趣味というのはお金がかかる”ということです。

 

これはある程度しょうがないことだと割り切るしかありません。

例えばスノーボードでも板やウェア、ゲレンデへの入場料やそこまでの交通費、どこをとってもお金がかかります。

ギターもそうです。

ギター本体から弦、立って弾くときに使うストラップ、楽譜、レッスン、どれをとっても無料のものなど一つもありませんよね。

 

趣味というものはお金と時間をかけてこそ、という側面が必ずあると思います。

 

どの趣味にも言えることですが、始めは皆初心者で、誰もが『本当に上手くなれるかな・・・』という不安を抱きながらのスタートになります。

 

そこから時間をかけて練習し、お金をかけて続けていく。ギターでいう練習することは上達という“結果”になり、お金をかけることは“愛着”になり、それぞれモチベーションを上げてくれます。

 

そしてギターを始めたことで、自分のライフスタイルがより充実したものになった実感する時が必ずやってくるのです。

 

少し話が逸れてしまいましたが、要するにタダで始めることはできないと言うことです。そうはいっても節約はしたいという気持ちも分かります。

 

僕だってそうです、しかし、何も初めから何十万のギターを買ったほうが良いと言っているわけではありません。

 

お金をかけていくという前提を持ったうえで、最大のコストパフォーマンスを狙っていきましょう。それでは、今回はアコースティックギターについて、いくつかのパターン別に発生する費用について見ていきましょう。

 

 

1. 家に眠っているギターがある ¥5,000〜¥20,000+弦等の消耗品代

 

 

093f1cdfd20aff8e26c6be31639b1b26_s-300x225

 

さて、まずは家に弾いてないギターとアンプが眠っているという状態です。このパターンに当てはまる方は結構多いのではないでしょうか。

 

昔お父さんが弾いていた、昔挑戦した時に購入したが結局挫折した、様々なケースが想定されますが、楽器本体がすでに手元にあるのは非常にラッキーな事です。

 

しかし、ここでは上記の通り¥5,000から¥30,000ほどの費用が発生する事があります。

 

ギター本体があるのに、どうしてお金がかかるのか、それはずばりメンテナンス代です。長い間弾かれず放置されたギターやアンプは、必ずといって良いほどどこかが故障しています。ギターは木でできているので、湿度や温度、様々な環境によっ

てその状態が変化します。常に弾いていると、ある程度一定に維持することが出来るのですが、押し入れや倉庫に放置されたギターは、なかなかに弾きにくい状態になっています。

 

初心者の時こそ、弾きやすい楽器で練習するべきです。実際にレッスンに来る生徒さんにも、このパターンの方は多いですが、メンテナンスを強くお勧めしています。メ

 

ンテナンスは相場として¥5,000から¥30,000の間で行えます。¥30,000近くかかってしまうと、新しい楽器が買えてしまうので、楽器屋さんに行き一度見積もりを出してもらうのがお勧めです。

 

楽器の弾きやすさは、モチベーションを維持するために重要な要素になってきます。

 

 

2. ギターは持っていない。本当に続けられるか不安なので、なかなか購入にも踏み切れない。 ¥2,000 or ¥5,000 or ¥9,000 or ¥13,000

 

 

次にご紹介するのは、ギターを買わずに始める方法です。最低価格がなので魅力的ですね。ギターを始めたいけど、挫折してしまわないか不安で購入に踏み切れない。こちらも生徒さんからよく聞く声です。そんな時は、レッスンに通ってみましょう。

 

楽器を持っていないのにレッスン?と意外に思った方も多いでしょうが、レッスンスクールでは楽器をレンタルしてくれるところがあります。

 

さらに無料体験レッスンだけの受講なら¥2,000です。当スクールの場合ですと、そこから1~3回まで回数を選ぶことが出来ます。

 

実際にレッスンを受けてみて、そこでギターに触り、感触を確かめてからギターを購入される生徒さんは非常に多いです。また、プロにレッスンを受けることによって、挫折することもなくなります。購入を迷っている方は、まずレッスンを受けてみましょう。

tumblr_inline_o10s0hC9zd1sw7ilq_500-1-300x150

⇒今すぐ体験レッスンへ

 

 

3. ギターは持っていないが、とにかく欲しい。¥11,800~¥50,000

 

 

最後はやる気満々の方へ、どの価格帯のギターを買えばよいかお伝えします。ギターには初心者セットというものがあり、手軽にギターを始めることができるサービスが充実しています。

 

セットの中にはギター本体に加え、演奏するために必要な備品も付属しています。非常にお手軽な価格ですが、やはり安いのには理由があり、ギター本体にかかる費用を徹底的に削減している背景があります。

 

“始めたばかりの時は、ギターの良し悪しなんてわからない!”と思うかもしれませんが、初心者の時にこそ、木の光沢感や、塗装の仕上げ良さ、こういった要素が楽器への愛着、ひいてはモチベーションに直結するものです。

 

ギター単体を買う場合、セットに比べて予算は高くなりますが、後悔することはまずありません。

 

 

4.最後に

最近はどのメーカーも低価格域に力を入れていて、安価でも比較的質の良いギターが手に入ります。実際に楽器屋さんに行き、ご自身の目で確かめてもらうのが一番ですが、下記にも価格帯別にオススメを掲載しています。ぜひご参考ください。

 

¥11,800
入門セット

 

¥20,000台
Headway New HJ-35 AN / アコースティックギター

 

¥30,000台
Fender フェンダー アコースティック ギター CD-60 V2 W/HC Black ( CD60V2 WHC )

 

¥40,000台
Martin / マーチン LXM/N アコースティックギター

 

 

○この記事の作者

soejima

Guitar.副島俊樹(当スクール代表・ギター講師)

ギタリスト・ライフベンドミュージックスクール代表・SLOTH MUSIC所属。
ブルースフィールで高らかに歌うギターと、情景が思い浮かぶソングライティング。
教室経営にも力を入れ、主にセッションに関するレッスン・ワークショップを多数行っている。詳しく見る

twitter-667462_640

Twitterをフォローする

○関連記事

いくら必要?初心者がエレキギターを始めるための予算案

 

レッスン予約はこちらから

イベント予約はこちらから

ライフベンドミュージックスクール

ギター・ウクレレ・DTM科:川口教室
〒332-0028 埼玉県川口市宮町4-27 NCKビル 505号室

ベース・ヴォーカル・ドラム・カホン・サックス・ジャズポピュラーピアノ科:赤羽教室
〒115-0045 東京都北区赤羽2丁目8−2、いさみやビル2F

電話番号 050-3551-3491

定休日 不定休

当スクールFacebookはこちら
http://bit.ly/1UN66g9