ジャムセッション初心者が知っておいたほうが良いセッションのやり方 サックス編

やっぱり生バンドと一緒に吹きたい!

 

15137518_1095503133897437_2111985167042003176_o

 

こんにちは、サックス科講師の杉田駿星と、ギター科講師の副島俊樹です!

 

副島「今回は、大好評の”ジャムセッションで〇〇が守るべきシリーズ”サックス編です! ギターにとってサックスは同じフロント楽器で、音色も似た部分があって親近感のあるパートです。普段もよく一緒に演奏するサックス駿星くんと対談していきたいと思います。」

 

杉田「よろしくお願いします! 今回はセッション曲をただ練習するだけでは気づけないような、ジャムセッションでのサックスの立ち回りについてお話していきます。」

 

junbi

いますぐ体験レッスンへ!

 

 

☑ルール一覧

 

 

1.自分が主役だと思う

2.マイクキングにも要注意

3.オブリガードは休符を狙う

4.ソロの時はしっかり意思表示を!

5.コードも意識して練習する

6.まとめ

 

 

▍1.自分が主役だと思う

 

 

15267832_1173400219376645_4730290126425469414_n

 

副島「これはギタリストにも言えることで、ジャムセッションでギタリストが守るべきルールでも書いたけどメロディをとるパートはフロントとしての立ち振る舞いが要求されるよね。サックスはギターよりメロディを取る頻度が多いだろうから、その辺は駿星も気にしてるの?」

 

杉田「あー、そうですねえ。もちろん常に意識していますし、ギタリストと違うところは”サックスはイントロを出せない”ことだと思います。ギタリストやピアニストがカメレオンを始める時って、自分がリフを弾いたりすればいいけど、サックスにはそれができない。でもメロディを取るから絶対に主役なんですよ。」

 

副島「なるほど!! それはギターとは全然違う視点だね。たしかにイントロ出しづらいよね(笑)。セッションに来るサックスの人って、そういう理由もあってか堂々と主役張れてない人が多い気がするなあ。

 

杉田「自分の思い通りのイントロ(曲の感じ)にならなかったから、バッキングについていく感じになっちゃうんでしょうね。そうなると自分が伝えたいメロディではなくなるので、メロディに責任感がない感じになっちゃうんですよね。

 

副島「責任感がない・・・これすごくわかる気がするな。しかし、イントロを自分で出せないとなると始める前のディレクションが大事になってくるんじゃない?」

 

 

✔演奏前のディレクションが大事!

 

 

・まずテンポ

 

・次にビート感

 

・自分が吹きたいキーをちゃんと伝える

 

 

杉田「イントロが出せないサックスにとってディレクションは本当に大事です。」

 

副島「具体的には何をどういう風にディレクションするの?」

 

杉田まずテンポ、これは一番最初に伝えますね。どうやって伝えるかというと、メロディを歌いながら手拍子だったり指パッチンだったりをしますね。次はビート感、僕は口でドラムのパターンを歌ったり、跳ねたりイーブンでいくか伝えますね。キーは自分の練習してきたキーを伝えます。まあキーに関しては大体原曲通りだと思います。」

 

 

▍2.マイクキングにも要注意

 

 

shunsei

 

副島「駿星さんこの画像は?」

 

杉田「これはサックスのマイキング位置を表していて、自分の目線からネックの頂点を見た線と、ベルの延長線がクロスするところがオンマイクです。

 

副島「セッションやってて、音がマイクで拾えてなくてよく聞こえない人結構いるよ。FUNKやR&Bのセッションではマイク必須だよね。

 

杉田「これを基準にマイクを遠ざけたら輪郭が薄くなって音が柔らかくなるエアーマイク状態になります。逆にベルの方に近づけるとザラザラした攻撃的な音色になります。例えばバラードの曲で歌の後ろだとエアーで、ソロの時はオンにしたりしますね。ロングトーンの時に遠くからマイクに近づけるとフェードインもできます!

 

副島「それよくやるよね(笑)! アンプの前にマイクを立てるギターとは全然視点が違っておもしろいなあ。」

 

 

A4_YY

セッションデビューならここ!

 

 

▍3.オブリガードは休符を狙う

 

 

band-691224_640

 

杉田「オブリガードとは対旋律のことで、ようするに合いの手のことです。サックスはオブリガードを吹くことによって曲に華をそえることができます。」

 

副島「サックスのオブリってめっちゃテンションあがるもん。」

 

杉田まあオブリが台無しにすることもあるんですけどね(笑)。吹きすぎはよくないっす。2番のサビくらいから本当においしいところなので、そこまでひたすら待つのもありですよ。我慢って感じに近いですね。」

 

副島「ここぞ!って時のサックスね!! いいよねえ。具体的にオブリを吹くときってどういうことに気を付けてる?」

 

おぶり

 

杉田「まずオブリを吹くタイミングですが、ボーカルのフレーズが終わってロングトーンになっている時、フレーズの切れ目に入れてます。一番大切なのは、タイミングもそうですけどボーカルに返す時に歌いやすいフレーズにすることですね。僕はオブリのラストノートをコードトーンにして、ボーカルと会話するように解決するようにしています。

 

副島「これはすべてのパートに言えることだよね。フレーズのクエスチョン&アンサー感って、セッションで実際にやってみないと身につかないことだよね。」

 

 

▍4.ソロの時はしっかり意思表示を!

 

 

saxophone-546303_640

 

 

副島「ソロを取るとき、初心者セッションに来る人とかで一番気になるのがキュー出しなんだよね。サックスの場合どういう風にキュー出すの?」

 

杉田僕はリズム隊の方を体ごと向きます。人によっては手を挙げる人もいます、ちょっと上級編ですけどフレーズで出す人もいますね。」

 

副島「サックスはフロントだから場所的にリズム隊に背中を向けてることが多いもんね。こちらからすると、身体ごと振り返ってキューだしてくれるのはすごくありがたいなあ。」

 

杉田あとサックスの人がテーマ吹き終わって安心してぼーっとしてると、”誰がソロとる現象”に陥りますよね(笑)。僕はそのままサックスがソロに行くのが無難だと思いますが、曲によっては自分が吹いてるメロディが長かったりするので、その場合他のパートに振りますね。」

 

 

▍5.コードも意識して練習する

 

 

04da5001ad17acdd24baa44b9e0a1ad5_s

 

副島「サックスの人がセッション曲を練習するときってメロディは当たり前だろうけど、コードってどうやって意識してるの?」

 

杉田「僕はピアノも弾くので、実際に弾いて確認したりします。でもピアノが弾けない人はそれができないので、コードトーンを調べて譜面に書き込んで吹いてみるという方法しかないです。」

 

副島「でもいきなり全部のコードトーンを調べたり覚えたりするのってすごい大変じゃない?」

 

杉田「いきなり全部は理解しずらいと思います・・・。ちゃんと勉強しないとだめなことですし。最初のうちはメジャーかマイナーかを判断することくらいしかできないですからね。

 

副島「そういう人が一から音楽理論を学ぶには、まあレッスンに来てもらうとして(笑)、レッスンに来る前はどうすればいいの?」

 

杉田コードが変わるタイミングや、どれだけそのコードが続いてるのか、ということをメロディを練習していく中で同時に覚えていくといいと思います!最初はみんなそこから始めるわけですからね。」

 

 

▍6.まとめ

 

 

サックス奏者に求められる、セッションでの立ち振る舞いについてまとめましたがいかがでしたでしょうか?

 

一人で練習しているだけでは気づけない発見がたくさんありますね!

 

セッションでお悩みの方は是非当スクールのレッスンへお越しください。

 

 

関連記事

これだけは覚えよう!ファンクジャムセッション初心者のための定番曲リスト

東京のジャムセッションってどんな感じ?実際に行ってみた

ジャムセッションでやってはいけないNG行動5つ

初心者必見!ジャムセッションのやり方【ギター】

初心者必見!ジャムセッションのやり方【ベース】

初心者必見!ジャムセッションのやり方【ボーカル】

初心者必見!ジャムセッションのやり方【キーボード】

初心者必見!ジャムセッションのやり方【サックス】

初心者必見!ジャムセッションのやり方【ドラム】

 

ジャムセッション準備コース開講!

junbi

 

まずはお気軽に無料体験よりお申し込みください。
reserve_banner1

 

 

ライフベンドミュージックスクール

ギター・ウクレレ・DTM科:川口教室
〒332-0028 埼玉県川口市宮町4-27 NCKビル 505号室

ベース・ヴォーカル・ドラム・カホン・サックス・ジャズポピュラーピアノ科:赤羽教室
〒115-0045 東京都北区赤羽2丁目8−2、いさみやビル2F

電話番号 050-3551-3491

定休日 不定休

当スクールFacebookはこちら
http://bit.ly/1UN66g9