Feel Like Makin’ Loveで使えるベースパターン3選

こんにちは、ベース科講師の恩田です。

 

 

”ジャムセッションに参加してみたものの、ただただいつものパターンをカラオケのように弾いて終わってしまった” なんてことありませんか?

それではジャムセッションに参加する意味も薄れてしまいます。

そこで今回はベースラインのパターンに着目しつつ、その楽しみ方を考えていこうと思います。

 

 

IMG_0977

今度こそセッションデビューを!

ジャムセッション準備コースがこの価格で受講できるのはGW(2017年5月7日)まで、お申し込みはお早めに!

 

▍1.アンサンブルに積極的に参加するために

 

1-1.何でもってアプローチするのか?

 

ジャムセッションに参加するからには、積極的にアンサンブルに対してアプローチしていきたいところ。

フロントだったらメロのウタい方、コード楽器だったら音の積み方、ベースは何でアプローチをかけていくのか?

フィルインやソロもその1つですが、一番共演者やリスナーに訴えかけることができるのはベースラインのパターンだと考えています。

曲の盛り上がりや、他のパートの変化に合わせてベースのパターンを少しづつ変えていくことでアンサンブルにより積極的に参加することができます。

 

1-2.ベースイントロのススメ

 

しかし、セッションに慣れていない内は曲を弾くことで精一杯になりがちでパターンがどうとか、そんなところまで気がまわらないと思います。

そんな時にオススメしているのは、ベースイントロを提案することです。

無理です(汗)

という心の声がブログを今すでに書きながら聞こえてきます(笑)

ところが、冷静に考えてみるとベースイントロでスタートすると次のような利点があります

 

✔自分のタイミングで弾き始めることができる

✔ドラムのパターンの干渉を受けず、自分の好きなパターンを弾くことができる

✔好きなテンポを提案することができる

 

ベーシストでこういった状況が揃うことはかなり稀ですが、ベースイントロならそれができます!

 

▍2.簡単!ベースイントロの例

 

ベースイントロといっても難しいことをする必要はなくて、思いついたパターンをそのまま弾くだけでも十分イントロになります

ここでは “Feel like makin’ love” でよくある “Fm7 – B♭7″ の進行におけるパターンをいくつか紹介していきます。

 

ex-1

 

かなりスローなアレンジを提案したい時の例です。

 

 

ex-2

 

ex-1とはうってかわってアップテンポなパターンです。

 

 

ex-3

 

もう少しテンポを抑えてファンキーなパターンです。

 

 

セッションデビューならここ!

 

▍3.まとめ

 

このように同じ曲、同じコードでもこれだけのバリエーションを与えることができます

最初は演奏のことだけで手一杯になってしまったり、バッキングの楽しさを感じられなかったりするかもしれません。

それもこうしてアンサンブルで積極的に提案をしていくうちに、アンサンブルの引っ張り方が自然とわかって、楽しくなってくると思います。

ベースイントロへの緊張も、やっていくうちに楽しさに変わります。

為せば成る!

是非、勇気を持ってベースイントロを提案してみてください!

 

○この記事の作者

Bass.恩田康人(当スクールベース講師)

ライフベンドミュージックスクールの立ち上げメンバー。

ジャズで培ったハーモニーの理論、感覚を活かしたプレイが特徴。

ベーシスト、トラックメイカーとして活動中。⇒詳しく見る

 

twitter-667462_640

Twitterをフォローする

 

まずはお気軽に体験レッスンよりお申し込みください。
reserve_banner1

 

ライフベンドミュージックスクール

ギター・ウクレレ・DTM科:川口教室
〒332-0028 埼玉県川口市宮町4-27 NCKビル 505号室

ベース・ヴォーカル・ドラム・カホン・サックス・ジャズポピュラーピアノ科:赤羽教室
〒115-0045 東京都北区赤羽2丁目8−2、いさみやビル2F

電話番号 050-3551-3491

定休日 不定休

当スクールFacebookはこちら
http://bit.ly/1UN66g9